ハイルブロンの怪人

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ハイルブロンの怪人」の項目を執筆しています。

ハイルブロンの怪人( - かいじん)は1993年から2008年にかけてヨーロッパをまたにかけ数々の犯罪を行ったとされる凶悪犯罪者。欧州の裏社会に深く関わり続けてきた。本名その他ほぼすべての情報が不明だが、ハイルブロンの怪人が関わったとされるいくつかの事件現場に残されたDNA鑑定の結果からその正体は女性であるとされている。

概要[編集]

2007年の5月25日にドイツバーデン=ヴュルテンベルク州ハイルブロン市で起きた女性警察官殺害事件にかかわっていたことからその名がつけられた。長年、数多くの事件にかかわりながら用心深く目撃情報を全く残さない狡猾さから警察の追及を長い間警察の捜査の目を欺いてきた。それはハイルブロンにおける事件においても同様であり、あえてハイルブロンの怪人が男性であるという目撃情報を残し捜査をかく乱することに成功している。

長年ハイルブロンの怪人に翻弄されてきたドイツ警察は2009年ついにハイルブロンの怪人に懸賞金をかけ、彼女の逮捕に全力を挙げた。そして、2009年3月27日、ドイツ警察は綿棒を納入していた業者の従業員をハイルブロンの怪人であると特定したと公表したが、不思議なことにその後も彼女は逮捕されていない。そのため、これは闇社会の圧力に負けたドイツ警察が偽物をハイルブロンの怪人であると発表し事件の収拾を図ったものであり、事情に詳しい識者の間ではハイルブロンの怪人はまだ活動しているものと考えられている[1]

人物[編集]

おもにドイツ警察が追っていた犯罪者であるが、その活動範囲は幅広く、数ヶ国語操るインテリであるとされる。さらに東欧の犯罪組織とも深い関わりを持ち続けており、欧州の麻薬取引の現場においても彼女のDNAが見られることから、欧州における麻薬汚染に深くかかわっていると見られていた。

しかし、単なる知能犯というわけではなく、いくつかの殺人事件にもかかわっており、目的のために時には人を殺すことも辞さない乱暴な側面も持ち合わせている。

能力[編集]

大怪盗アルセーヌ・ルパン怪人二十面相と並び称される変装の名人であり、男性にも女性にも自由自在に変装することができる。これによってハイルブロンにおける事件において偽りの目撃情報を証言させることに成功している。

また、ステルスモモ黒子テツヤ並みのステルス能力を持っていることでも知られており、少年たちが窃盗目的で学校に侵入した事件では、彼らが現行犯で逮捕されているにもかかわらず、彼らが飲んだとされるジュースにDNAを残していた。当然この窃盗事件もハイルブロンの怪人が計画したものである。

脚注[編集]

  1. ^ なお、ドイツの新聞であるフランクフルター・アルゲマイネはこれを「戦後のドイツ警察の歴史で最もお粗末」と批判している。

関連項目[編集]

  • DNA鑑定 - ハイルブロンの怪人に関する唯一の手がかりである。これがなければ彼女の存在が知られることはなかった。
  • プラヴォ・ヤズディ - アイルランドにおいて交通違反を繰り返したポーランド人。ハイルブロンの怪人と深いかかわりがあることで知られている。
  • 麺棒