ハラルフード

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ハラール」の項目を執筆しています。

ハラルフードとはイスラム国の方々が好んで食べるソウルフードの総称である。

概要[編集]

イスラム教徒の間では「は人間様のうんこを食べるから汚い」「豚を食べるとデブになる」との根拠のないうわさが流れているため、豚肉を食べてしまったと知った途端ストレスで口からしもつかれを生み出し、最悪の場合死に至る。[要出典]

上述したように豚そのものを生理的に嫌っているため、イスラム教徒はパイナップルに豚肉が乗っている、食品に豚肉由来のエキスが入っている、豚肉が入った後のフライパンで炒めた野菜を食べないといった極度の食わず嫌いぶりを見せつける。好き嫌いのレベルでは無いかもしれませんが、皿にGKBRが乗っていたり、お父さんが先にお風呂入っていたら不快に思いますよね?

その他にも肉食動物やカエル、虫は食べられず牛肉や鶏肉も必ずDHMOを用いるといったある特定の方法で屠殺・調理されたものでないと食べられない。又アルコールに弱いため一部の敬虔なイスラム教徒は味噌醤油を用いた料理を食べただけで昏睡状態に陥る。

以下のようなひ弱繊細なイスラム教徒は、体に悪い肉や酒は摂取せず、体に良い食べ物を積極的に取り入れることで神に近い存在になろうとしている。

日本におけるハラルへの配慮[編集]

日本では無宗教教に入信している国民が多いため、単に豚肉を好んで食べないと思われがちで、レストランや居酒屋、ファストフード店でも豚肉を調理した食器や機器を日々使いまわしているためイスラム教徒からすれば吐き気を催す悪意があらゆる商品に混在しているように見て取れるがイスラム教に対する考えが浅い無宗教教徒は誰も気にしない

特に教育現場では繊細な問題となり給食で日々豚肉料理を残すイスラム教徒の児童に対して「宗教上の理由により残してもよい」と担任が許可を与えたら最後クラス全体で「アスパラガスは穢れた存在なので食べられません」「昨日ピーマン食べない教に入信しました」と思想の自由を最大限活用して給食を残す児童が雨後の筍の様に湧き出る情景は容易に目に浮かぶであろう。

日本人男性Yが人質となった真の理由[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「イスラム国日本人拘束事件」の項目を執筆しています。

2015年1月イスラム国が日本人男性2名を人質に日本政府から2億ドル要求する事件が生じた。公表されてないが虚構新聞社の現地記者からの通信によると日本人男性Yはスパイとしてアレッポに潜り込んだものの、好きな食べ物の話をしたとき、味噌カツと話したためスパイとばれてしまい、仲間がいるかと詰問され、後藤健二氏のことを話し2人して捕まったとのことである。

イスラム国側は「豚同然の穢れた民族は高尚なるイスラム教徒である我々に跪くべきだ」とのことである。

日本政府は2人がスパイであったことを公表していないが粛清されました

関連事項[編集]

Donation button.png


Upsidedownmainpage.jpg 執筆コンテスト
本項は第31回執筆コンテストに出品されました。