ハンドルネーム

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ハンドルネーム」の項目を執筆しています。

ハンドルネームとは、1960年代のマイカーブームから80年代の高級車ブームにおいて使われた愛着行動の一種である。

概要[編集]

日本において、愛着のある物に対して愛称で呼ぶというのは古くから行われてきた。そもそも日本人にとっての名前というもの自体が、古代から宗教儀礼として洗礼と共に命名を行ってきた欧州とは大きく異なり「所有権を主張する」という目的の呼称であり、愛着ありきの物だったのである[要出典]。そのような文化的バックボーンに基づき、戦後復興が落ち着き「もはや戦後ではない」と言われた1960年代に近代家庭の象徴となったマイカーに様々な愛称を付けようと考えるのは必然的だったと言えるだろう。

カー用品の中でも運転中常に手が触れているハンドルには誰もが強い愛着を持つようになり、自然と可愛がる対象となっていくようになる。それにより付ける愛着こそがハンドルネームなのである。ドライバーのハンドルへの執着は非常に強く、マイカーが家族のステイタスから個人のステイタスになった好景気時代には「同じ車種でもハンドルに凝って自己アピールしていく」という考えが生まカー用品店では高級車のスペアハンドルがならび、大衆車+社外ハンドルという組み合わせこそナウでヤングな表現だった[要出典]。また男性にとっては「常に握って、ご機嫌を伺う」という意味でハンドルは自分のシフトレバーにも等しい謂わばムスコと言える存在。大事に扱い名前を付けるのは当然であろう。

その後[編集]

バブル崩壊後の90年代、旧世代価値観も共に崩壊したことで「ハンドルに凝っても意味がない、自己満足」と皆が気付いてしまったことでハンドルに名前を付けるユーザーは急速に姿を消していく。またハンドルという名前自体が「ステアリング」と改められる場合も多くなり[1]、更に90年代半ば以降エアバック設置が努力義務化しハンドル交換が不可能になった[2]事でハンドルへの愛着も弱まっていく。現在では旧車関連の交流サイトやイベント程度でしかハンドルネームにはお目にかかれなくなっており、絶滅危惧文化となっている。

脚注[編集]

  1. ^ ホームページをウェブサイトと改めるのと同じ。
  2. ^ エアバックはハンドルに内臓されており、ユーザー側で交換するとなると大掛かりなメンテナンスになってしまう

関連項目[編集]

この項目「ハンドルネーム」は、嘘です。よく近所の物知りおじさんが教えてくれた豆知識も大抵は嘘です。アンサイクロペディアを真に受けてはいけないのです。大事なのは、ジョークを笑い飛ばす心の広さです。