HDD

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちによって「HDD」はリダイレクトページになっています。変なページに飛ばされるので、クリックしても意味はありません。

HDD(えいちでーでー)とは架空の人物でありアニメうぃんどうズ』に登場する主人公・川越優一のあだ名である。

人物[編集]

生年月日は1998年6月12日。赤坂桜と同じクラスで新宿御苑高校に通う高校生。外見の特徴は肌は白く髪の毛は黒色で特徴的な目は光の加減により女性のような表情を見せることがある。性格はおとなしく尚且つ無邪気で何も考えないことが好きで普段はボケっとしていることが多い。趣味は写真撮影で古い大型のチェキを使っておりピントの合っていないぶれた写真を毎日一枚ずつ撮っているがどれも似たようなものばかりで感情のこもっていないもの。写真を撮り続ける理由を川越に聞いても「なんとなく」でごまかされてしまう。普段は赤坂と二人でいることが多いが、7話以降では転校してきた北沢藍子とも行動を共にしている場面が見られる。

行動[編集]

日常生活では道端をふらふら歩いている事が多くお腹が減ってくるとご飯を求めレストランを探しに歩き出す。しかしお金を使えず結局レストランには入れずそのまま永遠と歩き回っていることもしばしば。お金を使わない理由としてご飯にお金を使う行為は時間を無駄にするだけでなく人生を無駄にする行為であると考えるからである。

特徴[編集]

今までなかった特徴を持つキャラクターを作るという注文があったため作られたキャラクターである。光の加減により目の風合いが変化するため一見作画ミスが頻発しているように見えるがこれは彼の特徴として意図的に変化させているものである。

あだ名の由来[編集]

入学式の前日に秋葉原のパソコンパーツ屋で赤坂桜と目が合う。しばらくした後赤坂が同じパソコンパーツ屋に戻ると同じ場所で悩み続ける川越を発見する。その後入学式を迎え川越を発見した赤坂は彼に話しかけそこで赤坂がつけたあだ名がHDDである。

[編集]

1000年から1999年までは技術の進歩が大きく様々な発見や発明があり、90年代後半には人間を開発する研究が始まった。川越は出生当時の最高技術を用いてデザイナーベビーとして開発され、21世紀に開発が期待される最先端医療を用いて完璧な状態にするという目標のもとあえて不完全な状態で誕生し用意された人生を歩んでいる。


関連項目[編集]