バイオハザード5

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

バイオハザード5とは、永きにわたる戦いの中で、筋肉ゴリラと化したクリス・レッドフィールドが親愛なるウェスカーをとっちめにいくサバイバルアニマルアクションゲームである。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「バイオハザード5」の項目を執筆しています。

ストーリー[編集]

アンブレラとの戦いの末に、クリス・レッドフィールドは人知を越えた存在となっていた。もしもの事態を恐れた世界動物愛護団体を偽った闇の組織、B.S.A.A.はそれを保護、飼い殺しにすることを決定する。 クリスは、B.S.A.A.に保護された動物たちの中でも特に高いポテンシャルを持った11体、オリジナルイレブンの一角に指定されていた。 ところが、ウェスカー率いるトライセルが細菌テロを目論んでいるとの情報をキャッチしたB.S.A.A.は、動物達を保護する為、トライセルを駆逐することを決意。 クリスは兵器として戦場に駆り出され、そこで宿敵との再会を果たすのだった・・・。

登場武器[編集]

ロケットランチャー
相変わらずの人気者。弾は核を使用している模様。敵の目の前で撃つと自分も死ぬ
イライラ棒
静電気を発生させる装置レベル1~3までがありクリスはレベル1までしかできなかった。さすがゴリラ・・なのである。
ハイドラ
筋肉ゴリラのクリスの鼻くそを詰めた散弾銃、シェバに当てたら体術かけられるよ。
L・ホーク
もちろん著作権なんて関係ない。
100発も入ってるハンドガン
百発百中をシェバに自慢したいならこれを使用するのをオススメする。
ガトリング
筋肉ゴリラのXXXXXをばらまく銃、どうりでシェバはつかえないのか・・納得・・・
シェバ
クリスが「シェバ!ハーリィー!」などと言うと「おk」っていってマジニに向かって特攻してくれる。ハイドラ以上の威力。
ナイフ
なんと今回は切ればナイフに血がつくのだ!!はははははははははははあははははははははは・・・・!!
ウェスカー専用ミサイル
マトリックスと間違えているだけあって手に持って使用。ウェスカーしか使えないのが残念。本編でしか使えないんだよ・・
チェーンソー
変態男が振り回している武器、もちろんこれで首を切られれば検閲により削除
アマゾネス専用の武器。EASYだとマジ二が一発でぽぽぽぽーん

登場人物[編集]

クリス・レッドフィールド
男性ファン票をジル・レベッカ・クレアに取られ、女性ファン票をレオンに根こそぎ奪われ、やけになって筋トレに励んだ挙句、ハンターと見紛うばかりの筋肉ゴリラと化してしまった元S.T.A.R.S.隊員。10年という歳月は、精悍な彼の面影など粉々に打ち砕いてしまっていた。洋館事件を奇跡的に生き延びたハンターとどこかで入れ替わってしまった可能性も否定できない。
ベロニカのロッククライミングの時にはその片鱗を見せていた、人間離れした筋肉を持ち、無印からもわかるように単純な計算すら出来ない知能となってしまった。ってそれいつものクリスじゃね?
今回も相変わらずパートナーが美女である。主人公特権などと考えるのは甘い。ゴリラとバリーみたいなムサいおっさんがパートナーだった場合、間違いなく男性ファンがげんなりする…どころか売り上げすら落ちかねないのを避けるための止むを得ない措置なのだ。美女をプレイヤーキャラにすると開発スタッフが楽しいから、ではない、筈。
コードベロニカでは美女の前で足を挫く場面があったが、ファンの声に応えて今作でも足を挫いてくれる。次回作でも足を挫いてくれるらしい。
シェバ・ハーリィ
名前の由来は、頻繁にクリスに「シェバ!ハーリィー!!」などと叱咤されることから。本名はシェバ・アローマーである。
クリスの飼い主として派遣された、BSAAの人間。トライセルにペット達を殺された仇を討つため、戦いに参加する。
二周目以降は一人プレイでも操作可能かつクリスとの性能差(ほぼ)ナシ、と言う訳で大抵のユーザーがクリスを切り捨てるであろう事請け合い。しかしそうすると、0.1tのゴリラが画面手前をウロチョロウロチョロと…敵が見えねえ!
アルバート・ウェスカー
今作で数いるウェスカーの中から選ばれた一人というトンデモ設定が付いた、お馴染みの黒幕。トライセルを束ね、細菌テロを計画する。
衣装といい、アクションといい、一人だけ作品をマトリックスと勘違いしている節がある。よく歯茎をむき出しにするが、癖なのだろう。
アルベルト・上須賀としてメディアに出て印象操作をすることもしばしば。笑っていいとも!などのレギュラー番組も持っている。天空の城の王でもある。チートキャラ。
口癖は「お帰り。アンダーソン君」。
なお、今作においてやたらと迷言をはく節があるのは仕様である。
ジル・バレンタイン
お色気要員。クリスと同じく、元S.T.A.R.S.隊員である。
3年前にクリスとともにスペンサー邸へ乗り込み、ウェスカーとの戦闘で死亡。しかし1や3の主人公補正があるので、心配は要らない。
オルタナティブエディションでは本来のヒロインのシェバを差し押さえてパッケージの表紙に載っているほか、彼女が主役の追加エピソードが2つ用意されているため、シェバから少々嫌われている。
「仮面の人物」としての役割を終えクリス達を見送った後、「クリス…」と言って倒れ、「クリス…?」と言って起きて女の子らしさを見せてキメてみたものの、目を覚ました際に目の前に現れたのは彼女をストーカーしていた黒人男性のゴツい顔面であったため絶望する。
本来は彼女が生きていることをカミングアウトするのはNGなような気もするが、オルタナティブエディションの説明書にはそのネタバレが記載されている他、PC版のトレーラーでは彼女が仮面の人物であることを露骨に公開する嫌がらせネタバレトレーラーとなっている。
仮面の人物
死んだと思っていた人物が仮面つきで復活するのは、ガンダムではよくあることである。
ウェスカーとエクセラに飼われている。
後ににウェスカーたちに見捨てられ、野生動物化させられてクリスたちと広めの檻に入れられる。その檻内でクリスとシェバに体のある部分を刺激する卑怯なゲームを強要され、ゲームの最中に果ててしまう。
その後野生動物化が停止し、「仮面の人物」としての役割を終え、「ジル・バレンタイン」としての役割を担うことになる。
エクセラ・ギオネ
トライセルの偉い人。ウェスカーと出来ているっぽい。
某巨乳姉妹のような衣装を着ているが、誰宛のサービスのつもりなのだろうか。何のことはない、開発スタッフ宛である。
ジョッシュ
多分かっこいい。何かと役に立っている。様々な死亡フラグを乗り越え、エンディングでクリスたちにドヤ顔をキメる。
主人公補正で何とかなったジルをストーカーしていた。
ゾンビにプロレス技をかますナイス黒人。
エンディングではクリスとのガチムチプレイでコマンド入力が大量に来る。
実は後の追加エピソードでのゲームシステムの特性だけのために生かされたオルタナティブエディション計画の生き残りである。しかし、本編にも少し登場する彼のお洒落な友人(ジル、別名レディバレンタインをクリスから奪おうとしていた)は彼とは逆に、オルタナティブエディション計画のために死亡したようである。
リカルド・アーヴィング
今作のアニマルサバイバルゲームというジャンルの中で唯一前作のギャグゲームというジャンルの精神を引き継いでいるキャラである。
仮面の人物を使っていっぷくしている時もあるが不潔なのか、ティッシュ処理をしないらしく仮面の人物から「後始末はどうするの!?」とブちきれられる。
どうしても前作の古城主のモノマネをしたかったらしく、仮面の人物から「モノマネが上手くなる魔法のお薬」を貰い、見事にクリスとシェバの前でそれを投与してモノマネを披露し、満足して死んでいった幸せなキャラクターである。
謎の美女
4のアシュリーに似た美女。ほら1-2でワンピース着てるパッキン美女よ。
ヒロインっぽく現れるが、実際は・・・。

登場する敵[編集]

マジニ
「プラーガ・タイプ2」に寄生された人間達のこと。次は「プラーガ・タイプZ」でも出るのだろうか。
ゾンビと違って動きが機敏であり、多用な武器を駆使することが出来る。のだが、痛覚が人並みにある為か、ナイフを一撃喰らっただけで怯むという弱点がある。そこを体術で突かれて大抵簡単にやられる。胴体が真っ二つになっても前進を続けたゾンビ達を少しは見習うべきである。
ケファロ
あたまがパーンしたあとにょろにょろ出てくる奴。ん?2つあってわからないって?どっちでもいいよ。どうみても寄生獣のアレ。
犬コロ
ゴット・オブ・ウォーから出てきたやつ、2つに分かれたやつはクレイトスさんに切られた。
武装マジニ
銃持っているマジニ。これはBATTLEFIELD BAD COMPANYから来た兵士が寄生されたもの。マシンガンも鬱陶しいが、手榴弾の鬱陶しさは尋常ではない。特にPROFESSIONALだと問答無用で詰む事も多々ある。
デュバリア
上半身パーンしたあとに破片が動いてるやつ、じゃんけん大好き♡ただしグーしかできない・・・
ガトリングマジニ
その名のとうり!!ガトリングもってる兵士、武器一覧で書いているとうり鍛えたいようだ。しかも、強い体術がお好きなMっ子でもある。
バイク
グランドセフトオートからきた奴がバイクに乗りながら寄生された姿、ひき殺そうといつも考えている。
チェンソーマジニ
チェンソー持ってる不審者、チェンソーを振り回しているときは近寄るとグロい。特技は死んだフリ。
サップ
巨漢マジニのことである。愛称で親しまれている。ファイナルファイトで出てきたケンシロウに憧れ、マジニの中で唯一肉のカーテンを使う。
処刑マジニ
三角様を彷彿させる容姿をしたマジニ。
巨大な斧はマジに危ないから!
ウロボロス
今作の主なボスとして登場する。
ぶっちゃけバイオハザード0のヒル人間の二番煎じみたいなデザインである。
リーパー
ゴキブリだかカマドウマだかカマキリだか、よくわからん人間大の虫みたいなやつ。ピッコロの血を受け継いでいるため腕は再生する。
熱い抱擁で攻撃してくる。
B.O.W.
シリーズお馴染みの、強化生物達。詳細は下記。
U-8
研究施設で出てくる身が美味しそうなタカアシガニちゃん。ちなみに口に手榴弾を放り込むと、美味しい蟹味噌が食えるよ。
リッカー β
バイオハザード2に登場するリッカーの強化型B.O.W.である。クリスは2に出られなかったことを悔やんだ。
ハートを撃ち抜くと倒しやすい。というか、「押し倒し」へのカウンター体術→体術「ハートアタック」で、弾薬を全く使わずに倒すことすら可能となった。良い時代になったもんだ。
トライセルの研究開発により、嗅覚と繁殖能力が向上したらしい。繁殖…?
ポポカリム
名前はかわいいが、こうもりにプラーガを寄生させた凶悪なB.O.W.である。
モンスターハンターとの関連性はない。
ンデス
巨大な赤ん坊のような姿のB.O.W.である。
バイオハザード4のエルヒガンテの強化型だが、ぱっと見、違いがわからへん。
難易度プロではクリスをもしのぐ強さ・・・
ウロボロース
ウロボロースという肉、食べ過ぎると横っぱらを抑え歩く、ランクはウロボロース・ウロボロースアヘリ・ウロボロースウェスカーとある。
ちなみに一番きつかったのはウェスカーである。

備考[編集]

  • 本作は絵面だけを見た場合、ゴリラが人間を殺して回るという猿の惑星にも似た現代文明へのアンチテーゼ白人のクリスが黒人・アラブ系・先住民を射殺しまくるという構図になっている為、やはりと言うか何と言うかその筋では大論争が巻き起こってしまった。海外展開前提の作品なのに非常に繊細な分野に盲進するその企業姿勢は、流石はカプコンと言わざるを得ず、そこに痺れる憧れるッ………???
  • まあ、目隠しで地雷原を突き進んでいるのはBASARA小林だけではないのだ。

関連項目[編集]