バターコーヒー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「バターコーヒー」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

バターコーヒーとは、アメリカ人実業家によって広まったアメリカ発祥のスイーツである。

概要[編集]

一言でいうと、アメリカではポピュラーな揚げ菓子「フライド・バター」のコーヒー味版。遺伝的にカフェイン耐性が低く影響を受けやすいアングロサクソンは、コーヒーを万能薬のように扱う文化が存在する[1]。鎮痛や眠気覚まし、また景気付けや覚醒作用などその用いられる幅は非常に広く、その効果を伝統的な菓子にも応用しようとするのは自明の理と言える[2]

フライド・バターは凍らせたバターに小麦粉やパン粉の衣を付けて揚げる菓子だが、バターコーヒーは衣にインスタントコーヒーとスキムミルク及びグラニュー糖を混ぜ混むのが特徴。僅かに苦味を持たせる事で食欲をそそり、アメリカでは大人から子供まで広く愛されている

日本での評価[編集]

バターコーヒーは2016年に日本へも持ち込まれ、塩コーヒーやベトナムコーヒーのように一躍ブームとなった。日本では牧草だけで育てた乳から作るグラスフェッドバターが良く使われる[要出典]。また衣は厚く硬めに揚げるのが日本流で、その堅さから「防弾コーヒー」「完全無欠コーヒー」とも呼ばれる。

しかし日本人の体質にはフライド・バターは合いにくく、愛好家がいる一方で違和感を覚え止めてしまう人間も多い。例えば漫画家の内田春菊は「油が合わないのか、バターコーヒーを試してからお腹が緩くなった」とエッセイコミック「私たちは繁殖している」に記している。もともと日本人は乳糖不耐性により乳製品が苦手だという者も多く、バターコーヒーは日本では結局一過性のブームとして鎮火していった。

脚注[編集]

  1. ^ 日本人が緑茶を使った健康法を好むのと同じである。
  2. ^ 日本人が抹茶味のお菓子を乱発するのと同じである。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「デイブ・アスプリー」の項目を執筆しています。
Dish.png このバターコーヒーは、まだ火が通っておらず、生焼け状態です。このまま食べるとお腹を壊します。あなたがしっかりと火を通して下さい。でも、どこかのどじっ子のように、塩と砂糖を間違えてはいけませんよ。 (Portal:スタブ)