バブル経済

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

バブル経済(ばぶるけいざい)は以下のことを指すらしい

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「バブル経済」の項目を執筆しています。
  • 近年の各国経済。
    • 1980年後期からのバブル経済のこと。土地有価証券の価値だけが高騰し、実体の伴わない好況を泡にたとえたものである。日本でのバブル経済はバブル景気を参照。
    • 昨今の韓国経済。韓国では性風俗産業の経済規模が農業のそれを凌ぎ、同国の主要産業となっている。そのため韓国経済はソープランドの泡姫と引っ掛けて泡経済、さらにバブル経済と呼ばれる。
    • 昨今の中国の経済。労働者も原資も原材料もどこからともなく湧いてくる胡散臭さを例えたものである。
    • 昨今のオーストラリアの経済。が増えすぎてそこかしこに潮が噴かれるさまを例えたものである。
    • 昨今のロシアの経済。生活が豊かになったことでウォッカを一杯飲んだだけで泡を吹いて倒れる若者が続出しているため。
  • Web 2.0を使ったバブルのこと。利用者が増えれば増えるほど、提供される情報の量が増え、サービスの質が高まるというハブル経済についてはWeb 2.0バブルを参照。
  • 1990年代後半からアメリカで起きたITバブルのこと。インターネット・バブルを参照。
  • 上の出来事から2007年半ばまで続いた、アメリカにおける土地不動産有価証券の高騰とその崩壊。家長だけではなく一家全員が喜んでホームレスになることを望んだという点以外は、その最中も直後もバブルの二番煎じということで、サブプライム問題と呼ばれる。
Disambiguation
このページは人間の頭がごちゃごちゃになるのを回避するための項目です。この項目を見た場合は、すばやくここからリンクされている別のページに移動した方が、頭のためになります。ここへリンクしているページがありましたら、他の人の頭をショートさせないためにも、ここから案内される各々のページへリンク変更をしてください。