バモイドオキ神

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「バモイドオキ神」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。
「バモイドオキ神よ、暗黒の力で世界を滅ぼしたまえ!!!」
バモイドオキ神 について、中二病患者
「バモイドオキ神よ、ど~かあなたのお力でクソ上司をブッ殺してください、お願いします。」
バモイドオキ神 について、東海林さだおの漫画に出てきたサラリーマン
バモイドオキ神の召喚方法が記述された魔術書

バモイドオキ神(-しん)とは、召喚獣である。の一種であり、実在する。

バモイドオキ神が文献上初めて登場したのは1997年、日本の神戸でのことであった。ある中学生の自宅から魔術書が発見され、その魔術書中にバモイドオキ神の概要、召喚の方法などが事細かに記載されていたのである。バモイドオキ神の召喚に関わる祭祀・儀式は極めて猟奇的かつ衝撃的なものであったため、日本社会に巨大な震撼を与えることとなった。

バモイドオキ神の概要[編集]

召喚獣であり、恐怖の神であることはほぼ確実とされている。主に以下のような作用がある。

  • 目撃した者に(精神的な)ダメージを与える。
  • 日本社会を震撼させ、衝撃を与える。
  • 日本全国の中学生が、全て精神的に問題があるかのような認識が広まる。
  • 写真週刊誌の売れ行きが伸びる。

※なお、確認された目撃者は全て恐怖のあまり記憶を無くしており、バモイドオキ神がどのような形状であり、どのような運動をしていたのか。また、どのような作用で人々を恐怖させたのかについては、現在のところ全く明らかではない。

黒い自家用車に乗った中年男性の現し身である。欠食児童が成長した姿であるといった、不確かな流言蜚語が写真週刊誌などに掲載され、全国に広まったために、バモイドオキ神は中年男性の姿をしているとの説が流通しているが、この説については未だ明らかではなく、未だ盛んに研究が進められている。

バモイドオキ神の召喚[編集]

神戸在住の中学生が所有していた魔術書によれば、バモイドオキ神の召喚は以下のように行われるのだという。

  • 祭壇を構築する。場所は、特に学校の正門周辺がよく選ばれるようである。
  • 供物を捧げる。検閲により削除検閲により削除の頭部を選ぶことが多い。数ある文献の中には、供物として野菜を捧げることによっても可能であるとの記述も散見されるが、この野菜との記述は、栽培植物のことを指しているのか、それとも検閲により削除かどうかは研究者によって意見が分かれる。

なお、饅頭は古代中国における人身御供の代替品であったとされる。したがって、魔術書における野菜との記述は検閲により削除ではないかとの見方が主流である。

バモイドオキ神の影響[編集]

バモイドオキ神の出現による社会の混乱を報道する新聞

バモイドオキ神の召喚は社会に大きな衝撃を与えた。特に、召喚を行ったとされた中学生の年齢層に、邪悪な黒魔法や召喚魔法を多用する者が多いとの風説が生まれ、召喚士狩りが日本全国で行われた。

それまでひっそりと人目をはばかるように、都市住民にまぎれて生活していた召喚士は弾圧を恐れ、頭部の髪に隠していた角を出刃包丁・彫刻刀などで検閲により削除者が多発した。この過程で検閲により削除に至るなど、不幸な事故も耐えなかったとの伝承がある。

また、恐慌に陥った市民が徒党を組んで「召喚士狩り」なる自警団的活動を始め、この動きを公安当局も抑制し切れなかった。そのためアホ毛を持つ人間が突然、召喚士と誤認されて市民集団に襲撃され、検閲により削除に遭うといった不幸な事件も続出した。このリンチ殺人においては

  • 河川に突っ込んで、浮いてきたら召喚士。沈んだら召喚士ではない。

といった、支離滅裂な召喚士の判断基準が横行していたとの社会学者の見解もあり、問題となった。

バモイドオキ神の現在[編集]

九州の検閲により削除にある視聴覚教室で小学生が召喚を試みたとの噂があるが詳細は不明である。

召喚士になるには[編集]

まず、「聖なる実験」をしなければならない。これは人間の体のこわれやすさを調べる実験である。具体的には検閲により削除。もちろんその結果をバモイドオキ神に報告しなければならない。

次に、召喚士としての名前をさずかるための儀式「アングリ」を実施する。そのためにはまず学校(または職場)を休まなければならないとされている。儀式の具体的な内容は検閲により削除

関連語句[編集]