バルテッリ・ボッタス

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
バルテッリのあごひげはかわいいですよ。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「バルテッリ・ボッタス」の項目を執筆しています。

バルテッリ・ボッタス(Valtteri Bottas, 1989年8月28日 - )は、酔っぱらいでもなく飛べない方のフィンランド人でもないもう一人のフィンランド人である。

誕生[編集]

カザフスタンの首都、アスタナで生まれ、その後ロシア中国と親がヤクザであるがゆえに定住できない生活を送る。その内にボッタスはAK47が似合うホモに成長していく。もちろん今書いたことはウソである。

不遇の時代[編集]

6才でカートを始め、2008年にはフォーミュラ・ルノーでチャンピオンを獲得。2009-2010はF3に参戦、2011年にはGP3に挑戦しチャンピオン獲得など非凡な才能を獲得するが翌年も、その翌年もテストドライバー、その翌年もテストドライバー更にその翌年もリザーブドライバーとデビュー出来なかった。これには昔のマカオF3の北欧の恐妻家との確執が関係してい粛清されました

F1デビュー[編集]

2013年、やっとベネズエラ産顎とのコンビで、自称職人集団よりF1デビュー。しかし驚くことにその年はチームが稀に見る不振で、第17戦までひたすらノーポイントというなんとも不名誉な快挙を成し遂げた。シーズン通しでのノーポイントという中島悟(息子)の二の舞になるところだったがそんなことを彼のプライドが許すはずもなく、アメリカGPでレース中に相手の車にガリガリ君を投げスピンさせ何とか滑り込みポイントを獲得するがその後のブラジルGPもリタイア。このシーズンのボッタスは正に空気であった。だがこのシーズンなんとかベネズエラ産顎を上回ったため翌シーズンのシートは確保した。

成り上がり[編集]

2014年シーズンになりついにエンジンがついにに成り下がるレギュレーション変更のタイミングで、自称職人集団がエンジン供給先を変更したためついに上位集団の常連に成り上がる。酔っぱらいドイツ製翼を授けるの不振、そしてチームメイトのフェリペ・マッサの度重なる不運なアクシデント(今でもマッサはマッサ、は健在である。)により表彰台の常連になる。

私生活[編集]

また、ボッタスは顔面は検閲により削除の割にはナイスバディな彼女がいて、道端バトンの様に良くF1を見に来ている。

jhjhjh