バレーボールワールドカップ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

バレーボールワールドカップは、4年に1度開催される、ジャニーズ事務所フジテレビJVAが共催で行うコンサートツアーのタイトルである。英語表記では“FIVB World Cup”。現在は2011年のツアーが開催中。

概要[編集]

4年に1度行われる、ジャニーズ事務所にとっては大がかりなコンサートツアーである。1995年からスタートしており、2011年で5回目となる。このツアーには特別にフジテレビが共催として参加しているだけあって、日本人、特にすべての日本人女性が待ち望んでいると言われており、コンサート開催時には日本国中が大騒ぎになる。

特徴[編集]

ジャニーズグループのデビューツアー[編集]

毎回、登場するグループが異なっている。直前にデビューを果たした、ジャニーズJr.出身のグループのデビューツアーとして行われている。デビュー直後のアイドルグループがここまで大々的なコンサートツアーを行うなんてことは、ジャニーズ事務所以外では考えられないことである。ちなみに、光GENJIみたく、終了したら即解散するという話があったがなかったことにしている。

以下にこのツアーを行ったグループ名を列挙しておく。

1ヵ月にも及ぶロングツアー[編集]

ツアーは約1ヵ月間、6~8会場を転々としながら行う。1会場につき、2~3日間コンサートが行われ、どの会場も連日満員である。東京の会場では期間をおいて複数回行われることが多い。会場や期日は毎回変わるが、全部で22日間の開催であることは毎回固定されている。

全日テレビ中継[編集]

このコンサートツアーはフジテレビが夜の7時からテレビ放映している。フジテレビを支える大人気番組をお休みしてまでこの中継を行うということだけでも、フジテレビがいかに力を入れているのかがわかる。

しかも、1日だけでなく、22日間すべてテレビ中継が行われるという、他のコンサートツアーでは絶対にありえないことを毎回行っており、他のアーティストから非常に羨ましがられているらしい。

フジテレビによる大プッシュ[編集]

このツアーの1ヵ月以上も前から、フジテレビの番組のすべてでこのツアーの告知が行われる。セットの一部に「バレーボールワールドカップ開催!」の文字が入ったり、これでもかというほどのCMが打たれたり、はたまた人気番組のゲストとして呼ばれるなど、毎回「これを見なければ非国民!」と言わんばかりの盛り上がりようである。

[編集]

このコンサートツアーだが普通のコンサートツアーを考えると、特徴と言うよりも謎と言うべき事柄も多い。

会場がすべて体育館[編集]

通常のコンサートはアリーナとかコンサートホールとか専用の会場で行うものだが、このツアーに限っては普通の体育館でしか行わない。当然、音響設備はよくないのだが、このツアーは体育館のみで行うという不文律があるらしく、体育館以外ではまったく行われていない。

1曲しか歌わない[編集]

コンサートとは言うが、歌うのはたった1曲、デビュー曲のみである。しかし、ジャニーズJr出身というとこは、先輩ジャニーズアイドルの曲を歌うことも多いはずで、それを歌えばいいものをツアーでは1曲だけで終わらせてしまう。

それでもファンの女の子は気絶するほど大満足であるので、誰も気にしない

後座でバレーボール国際試合を行う[編集]

このツアーの特徴として、前座ならぬ後座が存在する。この後座というのがバレーボールの試合である。ツアーの前半11日間が女子、後半11日間が男子バレーボール日本代表が他の国と1試合行う後座が毎回用意されている。しかもそれぞれの11日間で日本代表と対戦する国がすべて違うという懲りようである。

ツアーの主役たるジャニーズグループが試合に参加しているわけではない。しかしながら、ジャニーズファンの女の子はなぜかこちらでも大盛り上がりである。

テレビ中継のメインはなぜか後座のバレーボール[編集]

前述の通り、全日テレビ中継されているが、ツアーの主役が歌うのはたった1曲。しかも、フルコーラス中継されるわけではなく、曲のサビ部分しか放映されていないことがほとんどである。そして後座であるはずのバレーボールの試合を延々と放映しているのである。

ツアーの主役たるジャニーズグループは普通に試合観戦をしているだけで、時折その応援の様子が頻繁に写ることがあるが、画像のほとんどはツアーのオマケ的存在のバレーボール選手ばかりである。

普通、このような主役がほとんど写らない中継をすれば、間違いなくテレビ局に抗議が来ると思われるのだが、奇妙なことにそのような抗議はほとんど来ていないとのこと。

ツアー中止の危機[編集]

次回は2015年の予定だが、「ツアーが開催されないのではないか?」という懸念が広がっている。その理由はジャニーズ事務所とは関係なく「後座のバレーボールが日本でできない」という妙なものである。

近年ヨーロッパの国々、主に後座のバレーボールの試合として参加した国々から「バレーボールをヨーロッパでやらせろ」という運動が勃発するのではないか、という憶測が日に日に強まってきている。もし、本当にそうなった場合、初のヨーロッパツアーになるかというと、そうではない。いくら天下のジャニーズ事務所でもアジアと違ってヨーロッパでは人気はあまりない。そうなるとコンサートツアーは中止になる可能性が大となる。

ジャニーズファンは一刻も早くツアーの継続開催を訴えるべきである。ただし、訴える先はジャニーズ事務所でもフジテレビでもなく、FIVBへ訴えなさい。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「バレーボールワールドカップ」の項目を執筆しています。
この項目「バレーボールワールドカップ」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)