バンブーブレード

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
「剣道は死狂ひ也。」
バンブーブレード について、岩本虎眼

バンブーブレイド~BANBUH BUREIDO~」は、コミックバウンド連載中の凸鎌シャピロ原作、曾我あきお(動物界脊索動物門脊椎動物亜門哺乳綱食肉目裂脚亜目イヌ上科イヌ科タヌキ属タヌキ種ホンドタヌキ亜種)作画の漫画、及び2007年10月から2008年3月までテレビ東京系列で放映していたテレビアニメである。ED曲のあんこ入り☆パスタライス♪某動画共有サイトなどで話題となっている。ヤング誌に連載されているのに、本当は何故かド・健全な漫画。つまりはロリコンホイホイである。さぁ、そいつぁどうかな?

ストーリー[編集]

spoiler
spoiler

警告:以下の文章にはネタバレ、いわゆるスポイラーが含まれています。これにより記事はより空気力学的に洗練され、その結果としてより高速で疾走できるようになります。

もしあなたが、ミッドナイトはブラック・ジャックにより脳を恋人の身体に移植されて女性になることや、ギラタクルの正体はキルアの兄のイルミ・ゾルディックであることや、真中は最終的に西野とくっつくことや、クリア・ノートは「シン・クリア」の術が破られるごとに完全体へ近づいていくことや、シエルの両親を殺害した黒幕はヴィクトリア女王であったことや、鷲津が事切れたのを見て赤木しげるが自分から投了してしまうことや、司は幾斗をイースター社の追及から匿っていたことや、奇天烈大百科は最後、ママに汚い白紙のノートと勘違いされて捨てられることや、ウィキペディアアンサイクロペディアのパロディであることを知らないのであれば、充分注意して、単行本を手放さないようにしてください。

某進学校のエクストリーム・剣道部を舞台に、美少女ばかりの女子部員が、顧問の生活の潤いのために戦っていく日々を綴った、川添珠姫と超剣戦隊ブレードブレイバーの愛と勇気の物語である。

剣道部顧問の石田虎侍は貧困で困っていた。そんな時、高校時代の先輩である石橋賢三郎から部員5人による団体戦に勝ったら1年間寿司食べ放題という案が提示される。石田は部員を集めるため、校内でナンパを開始する。 一方その頃、川添珠姫は、剣道部を悪の使者外山(ガイザー)が襲撃するところを目撃する。人一倍正義感の強い彼女は静かなる闘志を秘めガイザーに挑むのだが……。

登場人物[編集]

超剣戦隊ブレードブレイバー(声:小西克幸
「なら何度でも守って見せる…みんなの笑顔を!」
背中に巨大な剣を背負った5人の戦士。世界征服の野望を抱くデスメタル好きなデスアーマーと日夜戦っている。ブレードレッドの必殺技は人々の笑顔を取り戻す願いを込めた「アトミックファイヤーブレード」。派手なエフェクトと共に繰り出される突きで、あらゆる悪を一撃で串刺しにする。トドメのシーンでは視聴者に配慮しモザイクや消しが入る(テレビ愛知を除く)果たしてその正体は……? テーマソング「超剣戦隊ブレードブレイバー」が無駄にかっこいい。いやマジで。久々に熱くなっちゃった。
デスアーマー様(声:稲田徹
「親しくても保証人にはなるな…」
苦労人。ついうっかり保証人になってしまったが為に、夜逃げしたブレイバーの代わりに借金を返さなくてはならなくなった。息子の名前はデスボーイ。
シナイダー(声:堀秀行
「あ、あなた達は私が倒したいだけなんだから勘違いしないでよね!」
敵か味方か!? バトルものではよくある、正にテンプレのようなツンデレ。その生き様はとてもカッコイイ。しかしあまりのカッコよさから多くのシナ厨を排出しブレ厨との抗争状態を生み出した。「明日5時起きなのに寝る間を削ってでも繰り広げられる」程の争いである。お前らもう寝なさい。テーマソング「シナイダーの歌」が無駄にかっこいい。いやマジで。制作者いい仕事してるわ。

室江流関係者[編集]

タマちゃん(声:広橋涼
本名:川添珠姫(きよむら おの)
「でっかい興味ないです」
「あなたの彼女でよかった。」
前半の主人公。三つ編みで眼鏡をかけてるわけではない。アザラシでもない。一応人間だが何かアザラシにも似ている。外見は本屋。声と性格はアリス・キャロル。某対有機生命体コンタクト用ヒューマノイド・インターフェース張りの無表情無口。これは、前世であったナイフ使いの娘が父親に声を無くして欲しいと頼んだことが影響している。なんとなくバイクに乗って旅する女の子にも似てるかもしれない。実家は静岡県静岡市清水区多摩川にある。剣道場の一人娘であり忍者エクスカリバーを使う某騎士並みの腕前で必殺技は「悪・即・斬」の精神のもと繰り出される牙突。悪を斃すために生きているので、頭の中は悪でいっぱい。
ゴールデンタイムのアニメが見れなくなるので部活に入ることは中学まで避けてた。身長は149cmとかなり小さい。ちなみにhydeの身長は156cmである。見た目はロリコンホイホイだが、正体は18分間で約6万人を虐殺する大量破壊兵器である。それ故に、昨今はタマちゃんが憲法第9条に違反するかどうかの議論が本格化しているっぽい気がするが、要するに俺の嫁。作中最強人物かと思われたが実は周りが弱すぎただけで山田に瞬殺されるほど弱かった。
ヤンデレなのでご注意を。詳しくはサービスセンターまでどうぞ。あれ? こんな時間に誰だろう?
キリノ(声:豊口めぐみ
本名:千葉紀梨乃(すぎのこうじ たかちほ)
「人の心に入り込むにはどうしたらいいか? 簡単です。
一番大切なもの…その人の核となるものを奪い去ればいいのです。
人は空っぽになる…。そしてすぐそこを埋めてくれる者が現れる。
なんでもいいんですよ…、補完してくれるならねェ! キャキャケけキャ」
属性:。使用魔法は極楽連鞭(魔法レベル不明)。金髪でポニーテールといういかにもツンデレお嬢様のような容姿だが、笑顔を絶やさず明るいいい娘。しかしオバサン臭い。二刀流で俺の嫁。必殺技は最大限に集中力を引き出す「絶対時間(エンペラータイム)」。裏ではレヴィという名前を使い、ラグーン商会という人殺しなど何でもありのすげーやべー組織に組していると噂されている。人の心に入り込み、操ることを得意とする。タマちゃんをモンスターボールでゲットした。時間帯と対象年齢によってははてなようせいになる。とまぁ要するに俺の嫁
サヤ(声:小島幸子
本名:桑原鞘子(うるしま あきひこ)
「もう死にます」死ねばいいのに
身長170cm。腐女子であり、ラノベを執筆している。怒りの精霊フューリーにとりつかれた狂戦士(バーサーカー)。必殺技はメテオール弾という自己催眠用特殊弾使用による自己強化。おっぱいと、あとおっぱいが素晴らしい。そしておっぱい。悩み多きでっかい戦士。俺の嫁。
さとりん(声:佐藤利奈
本名:東聡莉(くどう かいや)
「これは!! おじいちゃんの収納ステッキ!!!!」
極度のドジっ娘。だが、アフリカのサバンナで猛獣たちに追われながら育ったため、視力は両目とも5.5である。それゆえ、近くの物を見るために眼鏡をかけている。好物はセガサターン。必殺技は因果律を歪め、本来起こるはずのない事象を引き起こす「絶対空間(アルカナ)」。ただし本人にしか効果がない。
ミヤミヤ(声:桑島法子
本名:宮崎都(やすい やすお)
「Mな人はぜひ見てね♪つーか見ろ」
剣道によって人を痛めつける快感に目覚めた、ドSの超美形女王様。たぶん正体はメドゥーサ。学校に秘密で「ファンシーショップ ムームーハウス」という18歳未満お断りの店に勤めている。必殺技は指先から放つ光線「洗脳(ブレインコントロール)」。よく一人だけ作画に気合が入っている。剣道なのに斬馬刀を使用する。さらに、とある僧侶さんに二重の極みを教えてもらった。
吉河先生(声:佐々木日菜子
「ソオォォォッナンスッ」
ポケモン関連グッズに有り金全部をつぎ込んでしまう駄目人間。好きなポケモンは『ソーナンス』。食費が足りずいつも腹をすかせている。かつてはプレイボーイで名を馳せたこともあり、下半身の強さにも定評がある。ことあるごとに必死にコジロー(後述)とのフラグを立てようとするため、各方面からの恨みを買っている。芳川ではなく吉河です。
ダン(声:石田彰
本名:栄花段十郎(やすい よしふみ)
俵のような体型をした謎の生物。ミヤミヤのペット。
U.G.ターナカ(声:阪口大助
本名:中田勇次(かわしば ひばりこ)
「(影が薄いなんて)おかしいですよ!カテジナさん!それと便座カバー。」
エロゲ主人公。某万事屋の従業員と同一人物ではないかと言われている。必殺技は因果律を歪め、本来起こるはずの事象をなかったことにする「孫ノ手(フラグブレイカー)」
コジロー(声:小西克幸
本名:石田虎侍(じんにくまん)
「お前の竹刀は天を突く竹刀だ!!」
セクハラ教師。その正体は超剣戦隊ブレードブレイバー・レッド。本当の主人公。高校時代は美形熱血少年で、女子のいない剣道部において他の部員からモテまくっていた。高校時代からの愛人である先輩(後述)につきまとわれて迷惑しているが、まんざらでもないらしい。2007年のアニメ化により、その冬のコミケではコジローと先輩のやおい本がバンブー市場を席巻し、タマちゃん目当ての多くのロリコンたちをげんなりさせた。アニメ版の老化っぷりに相反して、どう見ても大人の階段を上るどころか若返っていってるだろってところは必見。主人公降ろされたりセリフが減ったり寝取られただの言われたりしたけどJKゲットでウハウハ。どう見ても勝ち組です本当に(ry
必殺技は「ナイトダイナミック」。口癖は「断罪のナイティックパワー」。

町戸流関係者[編集]

先輩(声:稲田徹
本名:石橋賢三郎(にかいどうくん)
「幼女を見て…お前何も感じないのか?」
麻帆良学園高等部剣道班顧問。高校時代のコジローの先輩。ロリコンストーカーレイパー。狙いはタマちゃん(容姿が本屋に似ているため)。春野葱バリに節操がない。俺もうがまんできねぇや。今すぐヤらねぇともうおさまりがつかねぇや。デスアーマー様人間形態。愛車はグランドハイエース(トロンベ)。必殺技は「ベガスラッシュ」。口癖は「百鬼夜行をぶった切る」。
副部長(声:真堂圭
本名:原田小夏(たかはし たきち)
「大人だ…この人大人だ…」
真面目な眼鏡っ娘ポニテ。二段。俺の嫁。
女学生Aさん(声:近藤彩希
本名:<<検閲>>
「ごめーん待ったー?」
消息不明。彼氏に会いに出て行った後、失踪。斬り裂き魔の10人目の被害者だが、報道規制されている。淺皮Alchemyが本名とする説が有力。こんな奴いたっけ。
ヘタレ(声:森夏姫
本名:西山佳恋(もり ともゆき)
「ぐ……カレンーーーーーッ!!」
見掛け倒し。ウドの大木、そして俺の嫁。とある国の勇者の恋人の一人。
(声:おみむらまゆこ
本名:安藤優梨(みしま まさる)
「なんかムカつきますね、死ねばいいのに…死んじゃえ!」
納豆。暗黒武術に精通している上、剣道の試合にマシンガンを持ち込むので常勝不敗だったが、キリノのオートメイルに敗れ去る。
よこ○ん(声:矢澤喜代美
本名:横尾摩耶(きたざわ ゆうこ)
「私だって…女のコなんだよ…?」「ハッハッハあたしも女っすよ」「どあほー!!」
漢。&と乳繰り合う為女装して潜入するも、皆には周知の事実となっている。

成明流関係者[編集]

メイちゃん(声:名塚佳織
中学生。俺の
メイちゃん逃げてぇぇぇぇぇ!!!
レズビアン(声:中原麻衣
「みやこちゃーん。どうして逃げるのかな? かな?」
本性はストーカー。ガチで百合。を隠し持っています。マジで危険です。
林忠明教士七段(声:小川真司
「剣道は変わりませんから」
成明高校剣道部顧問。茶化す気すら起きない立派な人格者。この人は本当に御立派です。

東城流関係者[編集]

笑顔中毒者(スマイルジャンキー)(声:浅川悠
「だからさ、いい加減にわーらーえーよ、な?」
属性:。使用魔法はマスターキィ(魔法レベル68)。ひぐらしのなく頃に腸流し編に出演中の“目”。ミセスバッドエンド。
朧蜜蜂(声:水沢史絵‎
「あ、あれは!!」
「知っているのか雷電!?」
「あれこそ古来よりシャラカ族に伝わる朧蜜蜂! かの村において月夜にアマゾネスたちが何百種もの蜂の巣の中から己の血肉とするに相応しい種を選び出し、幾万もの蜂に刺されながらも巣ごと蜂蜜を食すという儀式を経る事で身に付ける戦闘技法! かの動きの前では何人たりとも相手を捕らえることすら能わず腹を貫かれるという……」
※参考文献 民明書房刊「来徒資料」

鎌崎流関係者[編集]

へたれイケメン
本名:岩堀 猛(いわほり たけし)
部長。昔はやる気満々だったっぽいけど今はぷぅ〜。原因は書くのめんどいので詳しく書かないけど、要はウラ様最高!でFA。こいつの行動が「ユータマ」とかいうのを興奮させる原因をつくる。まぁこれから輝きを取り戻すっぽいよ。
なるちゃん
本名:近本成海(ちかもと なるみ)
副部長。なんかツンデレとか言われて人気でてるっぽいけど別にツンデレじゃなくね? かわいいけどね。とくにデフォルメがね。頬染めてるとことかヤバいよね。岩堀を意味ありげな目で見つめる。ででででででもこれは断じて恋愛感情とか、そ、そんなんじゃないんだから勘違いしないでよね!!

その他[編集]

珠姫父(声:長克巳
本名:川添 三十郎(かわぞえ さんじゅうろう)
文字通りタマちゃんの親父だが、ぶっちゃけ作中で一番アブナイ人になりかねない。名前こそ「三十郎」だがどう見ても四十郎どころか五十郎です。本当にありがとうございました。そんなナリながら美人で強い女性である椿さんを嫁にし、椿さんを亡くす不運がありながらもタマちゃんと二人暮らしで、おまけにかわいいJKが沢山家に遊びに来るという、コジローに勝るとも劣らない勝ち組。巨人ファンである。奇遇ですね! 実は俺も巨人ファンなんですよ、お義父さん!
ウラ様
本名:榊 心(すぎのこうじ たかちぽ)
孤高の戦士ブラックデュラン。山田梅子の嫁。ウメに会えない日々が続いて心が空っぽになった所をタキジュンごときに入り込まれてしまう。再会したウメに叱咤激励されて目を覚ました後の、ウメへのLOVELOVEっぷりは異常。にも関わらず熱狂的なファンがいる。ソースは俺とウメ。
やまだ
本名:山田 梅子(しん ごうき)
作中最強の人物で真の主人公(主人公ながらラスボスになる可能性もあり)かつてウラに負けた事があるようだが、タマとウラの運命の対決の前にタマとウラを瞬殺して見事王道展開をぶっ壊した人物、職業は剣士ではなくアイドルなので剣士がアイドルに剣で負けてしまっていいのかという旋風の橘化を恐れられている人物。
似非外人(声:小林沙苗
破天荒。どうみても高校生には見えない。強い。
シナ厨(声:坂本真綾
「シナイダーはしなないんだー」
空気の読めないことに定評のあるシナ厨。ギャグの寒さも定番である。タマが検閲により削除なんて冗談でしょ。
石塚塔子
本名:プリセラ(ぷりせら)
六文流。竹刀持つと殺してしまうからとシロウト相手では素手で戦うが、どう考えても素手の方が強いと思うのは俺だけか? あとフトモモとかオラオラとか。
中村みるか
彼氏を招いた試合で気合入れて叫んだらドン引きされたというトラウマ持ち。以来男に生きる。基本的に合コン>ウラ様。ただし合コンのメンツによる。
末野将子
待て。この漫画板垣恵介が絡んでるのか?
外山恒一(声:伊丸岡篤
「ずっと悪い夢を見ていた……俺は今目覚めたんだ!」
「腹を切って死ぬべきである!!!」
男年上経験者。ガイザー。アトミックファイヤーブレードガトツゼロスタイルにより素粒子レベルまで分解され消滅、その後夜空の星になった。まさにスクラップアンドスクラップ。空気(嘲笑)と思われたがアニメ22話にまさかの再登場を果たし「こいつにコンティニューだ!」というやたらかっこいいセリフ(嘲笑)を残す。今度使わせてもらうわ。でも空気なのはどうしようもない(大事なことなので二回言いました)もういなくてもよくね?
解説(声:石上裕一
「ボクの名前を呼んでよ」 「ごめん。お名前なんてーの? いわっさにょろ。すごく良い人。ただし空気。あれ?こいついたっけ?
ムームーハウス店長(声:大原さやか
ファンシーショップの店長。非常に恐ろしい顔。呪いに敏感、多分人間じゃない。出る作品間違えたんじゃね? 普段は「あらあら」とか言っているが、タマちゃんが仕事でミスったら「あなたには失望したわ」と厳しい言葉を浴びせた。
ギターさん
「ふふふ、地獄のステージのスタートだ」
フェンダーストラトキャスター。人の血肉を食らい、精気をすする魔物。いつかステージに上がる際、大勢の人々が自分を取り囲むその時までサヤの生命力を糧として生き延びる算段。
HIDEFUMIさん
「今日は、こいつでいく」
ミュージシャン。サヤの兄疑惑。
杉小路 隆千穂(声:野島裕史
本名:ティトォ(てぃとぉ)
この世に真空剣道を編み出したサッカー部の部長。この物語とは全く関係がないわけではない。推定戦闘力50億。清村が嫌がることをして楽しんでいるが、ドSなんて可愛いものじゃない。少林寺サッカーの生みの親でもある。
清村 緒乃(声:野島健児
本名:威塗(いど)
サッカー部の新入部員。この物語とは全く関係がないというわけではない。推定戦闘力29000。どんなダメージにも耐えうる鉄人で、例え屋上から落ちようが車に轢かれようが翌日にはケガが直ってる。動物に追いつめられて屋上から落下した程度の流血なら次のコマで完全に止血することだって朝飯前。拝火教を嫌っている。また、杉小路と共に真空(エア)剣道を編み出す。そもそも真空剣道の起源は17世紀の日本でありバンブーブレードの世界はその前身のようなもので 同じく少林寺サッカーの生みの親である。 

用語[編集]

あんこ入り☆パスタライス♪
ミヤミヤの姉が埋もれていた歴史から解読した究極の料理。あまりのうまさに胃袋が歓喜で踊りだし、体温が急上昇する。中毒性あり、注意。名古屋の喫茶店「マウンテン」の新メニューになりました。嘘だッ!!

テーマソング[編集]

オープニングテーマ『BAMBOO BEAT』
エンディングテーマ『あんこ入り☆パスタライス♪
ミヤミヤの姉の究極料理あんこ入り☆パスタライスの賛美歌である。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「BAMBOO BLADEの登場人物」の項目を執筆しています。
同じ作者によるギャグアニメ。
「ねぇ~清村ァ、バンブーブレードの記事の編集してくれよー」
しるか なんでてめーのパシリやらされなきゃならねーんだ」
「たのむよー シュークリームあげるからさー」
「ざけんなッ!!!この俺が!!こんなことぐれーで!!動くと!! 

「超うめぇ」
(使いやす・・・) (Portal:スタブ)