バーチャルボーイ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
「こいつは史上最悪の発明だろう」
バーチャルボーイ について、AVGN

バーチャルボーイ(virtual boy)とは、ニンテンドーが開発した眼鏡

通常の眼鏡とは異なり、見えるものが見え、見えないものが見えると噂になったことから一部でカルト的人気を誇ったが、後述する理由により最近では見かけなくなった。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「バーチャルボーイ」の項目を執筆しています。
着用者。彼には一体何が見えているのだろうか
バーチャルボーヤは「品薄でお店にも売ってない」(2014年現在)。

開発の経緯[編集]

一部のファミコンスーパーファミコンに進化を遂げていたころ、ニンテンドーは新たな洗脳器具の開発に取り組んでいた。ゲームボーイの売上のよさに味を占めた社員が、「もっと携帯できるものを」「街中で使えるスタイリッシュで機能的なものを」との考えから、着用状態でそのまま外出できる洗脳器具として、本機が開発された。

特徴・効果[編集]

任天堂の開発した3D(さんでぃー)技術により、着用時の外部視認性に問題はなかったが、着用者が一様に色盲になり、赤い色しか認識できなくなったとの報告があった。

また、開発者の一人は本機を着用した上でオートバイに搭乗し、つうじょうの3ばいはやいと言い残して夜の首都高に消えていった。

凋落の原因[編集]

のちに着用者から「赤い飛行機に乗っているようだ」とか、赤いヒゲに襲われる」といった幻覚じみた証言が出るようになる。洗脳器具としての効果が高すぎたため、開発者は自主回収を迫られた。現在はそのほとんどが危険物として回収されており、残存する機体は早急に処分しないと当局によって差押をうけるおそれがある。

実は我が家に当時購入したひとつがあって、それが・・・

誰だろう。こんな時間に来客か?

この項目「バーチャルボーイ」は書きかけなんだが、俺は行かなきゃならないんだ。なに、帰ってきたらこの記事の続きを書くさ。 (Portal:スタブ)

見えたもの[編集]

外部リンク[編集]