バーロー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
「その言葉が聞きたかった」
バーロー について、ブラックジャック
「conan=sin1」
バーロー について、アレレー・バー
「コンコンニャローのバーロー岬!」
バーロー について、ハドック船長

バーローとは、言葉である。日本語の中でも特によく使われる日常語であり、一日に平均して約25億人の日本人がこの言葉を使っていると推定される。ちなみにアラスカにある町の名前とは一切関係ない。

概要[編集]

発祥は14世紀後半の室町時代初期と推測される。その起源については諸説あるが、もっとも有力な説として極限まで腹をすかした貧困層の農民の少年が「んごはんをーテーションで食いたい」という文章を楽して言おうと最初は「バロー」と発言していたのが訛って次第に「バーロー」となって行き、仕舞いには京都中の人々に伝染しわけもなく「バーロー」と発言するのがブームになっていった、というのが在るが他にも「ーゲンセールでイヤルゼリー売ってねえかなあ」「ースデーケーキにン毛のお兄さんが埋まっていた」などの説がある。なお、かの古事記伝には少年の父親が「ローテーションで食う意味があるのか」とコメントしている。

はじめは範囲が京都の中心部だけにとどまっていたが、次第に全国に広がっていった。その証拠としてかの徳川家康豊臣秀吉の死去時に「やったぜバーロー このバーローめこれで俺の天下だバーロー」とコメントしたという、この様に室町時代後期から江戸時代後期にかけての文献には多くの「バーロー」という言葉が使われている。

だが、江戸時代最末期に黒舟来航・開国と相次いで外国人が持ち込んだ外国の文化が日本中に蔓延するようになり、バーローという言葉は「ステイション」「オムレット」といった外来語の中に埋もれていき、日本語としての意味を失う様になって行った。ここで「バーロー」の歴史はいったん幕を閉じることになる。

時は約100年飛んで20世紀末。欲望溢れるこの平成の世に正義の味方が一人、登場した。工藤新一である、この少年は毎週5、6回は愉快な仲間達と殺人事件に遭遇し、自分自身の心の中のストレスにも耐え切れなくなり普段は普通に喋るのだがある日を境に「バーロー」が口癖になり一日1,000,000,000回は「バーロー」と発言することから、現在は単に「バーロー」と呼ばれている、このことを発端にこの世に「バーロー」という言葉が復活、同時に彼の知名度も全国レベルとなった。

バーローという存在[編集]

バーローを一言で解説するのは至難の技とされているが、現在もっとも有力な説としては古泉一樹氏の「バーロー超進化説」より「バーローとはそれ以上でもそれ以下でもない、バーロー以外の何物でもない、それがバーローである」の一文があげられる。今後更なる研究の発展に期待したい。

バーローを婉曲的に表現する言葉としてバールのようなものという言い方がされることがある。

関連人物[編集]

関連項目[編集]

にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「バーロー」の項目を執筆してくれています。
俺だ。江戸川コナンだ。「バーロー」の項目はまだ内容が不十分なんだ。
黒の組織を追い詰めるためにも加筆してくれ。奴らを追い詰めるためには必要なんだ。 探偵が諦めたら事件は迷宮入りなんだぜ。 (Portal:スタブ)