パイロットランプ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
一般的なパイロットランプ

パイロットランプ(pilot lamp)とは、あらゆる乗り物の運転・操縦資格を持つものが着用を義務付けられているランプである。

概要[編集]

1970年に制定された交通安全対策基本法において、車両、航空機、船舶などの運転・操縦資格(免許)を持つ者が対象の乗り物を運転・操縦をする際には、パイロットランプの着用が義務付けられている。自動車のライト等とは異なり、昼間明るいうちからでも点灯させておく必要がある。これは、運転士・操縦士の意識の向上および何らかのトラブルが起きた際の責務を明らかにすることが目的である。パイロットランプ未着用で摘発された場合、1年以下の懲役又は30万円以下の罰金が課される。

パイロットランプの着用が義務化されていることの一番の理由はその優れた視認性にある。コンビニエンスストアに、ヘルメットをつけたまま入ってきた人間があらゆる意味で目立つのと同様に、パイロットランプを着用した者は、誰が見ても運転・操縦資格(免許)を持つ者であるということが明白となる。それが着用者の意識の向上、ひいては事故やトラブルの減少に繋がるのである。

構造[編集]

パイロットランプは、容易に外れないよう頭部にしっかりと固定するためのあごひもやゴムバンドがついている。生半可な衝撃で脱げたりしないよう、メーカーごとに様々な工夫が施されている。中でもカツラを製造しているメーカーの関連企業が製作しているパイロットランプは、ズレにくく頭部が蒸れないと評判である。電源は比較的マイナーな単二乾電池を使用しているものが多い。これは単一電池では重量基準をクリアできず(パイロットランプは重量が2kg以下でなくてはならない)、また単三電池以下では電池の寿命が早く、実用性が低いためである。しかし、間違って単一乾電池を買ってしまう者が後を絶たず、電源に関しては改善が急がれている。光源は白熱電球を使用したものが一般的だったが、近年では発光ダイオード(LED)やHIDライト、蛍光たんぱくなどの消費電力が少なく目に優しい(時に厳しい)光り方をする素材に移行しつつある。一時は蛍光灯も使用されていたが、ランプが点灯しなくなった際の原因が蛍光灯にあるのかグロースターターにあるのかの判断が困難であるとの理由により、現在は使用されていない。

ランプの色[編集]

運転・操縦資格を取立ての者のパイロットランプの色はグリーンで、いわば初心者マークのような意味合いを持つ。よってこのパイロットランプを着けている者が運転・操縦する乗り物に乗るときはそれなりの覚悟が必要となる。資格取得後、2年以上無事故無違反だとランプの色がブルーになる。まあまあ安心して良いと考えて問題ないだろう。なお、いパイロットランプを着けている者は芸人である。彼らはバラエティ番組の収録の最中なのだ。声をかけてはいけない。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「パイロットランプ」の項目を執筆しています。