パク・チソン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「朴智星」の項目を執筆しています。
Bouncypotato.gif
この記事「パク・チソン」は何故か「朴智星」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。

朴智星(パク・チソン、:park ji sung)は、大韓民国製のベンチウォーマーである。2006年現在はイングランドマンチェスター・ユナイテッドFCがその所有権を持っている。

年俸[編集]

1年間ベンチを暖める報酬は日本円にして約4億円。日本の相場からすればこれは高額に思われるかもしれないが、サッカーの本場であるイングランドのチームが所有していることや、彼のベンチを暖める能力の速効性からすればこれはきわめて妥当な報酬である。

彼の暖めたベンチは、ウェイン・ルーニーリオ・ファーディナンドといったマンチェスターユナイテッドの主力選手達にもすこぶる好評である。

得意なプレー[編集]

彼は所有する熱エネルギー量が非常に多く、ベンチに置いておくだけでは過剰放熱をしてベンチを溶かす可能性がある。 そのためマンチェスターユナイテッドの監督であるアレックス・ファーガソン監督は、彼をたまにピッチ上に送り出して放熱させる。

ピッチ上における彼は、放熱の為にひたすら走りまくることで有名。それを利用して敵の攻撃を食い止める時や敵陣でボールを運びまわる働きはまずまずこなす。 しかし、ボールをキックするあらゆるプレーは2流であり、走り回ることに特化した使い方が求められる。

やはり一番得意なプレーは、自陣のベンチを暖めて後から座る選手に暖かい快適なベンチを提供するプレーである。