パセリ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「パセリ」の項目を執筆しています。

パセリとは、日本において伝統的に禁忌とされている野菜である。

由来[編集]

使いっパシリのセリという意味である。ほとんどのパセリが人の口に入らず捨てられていることから、低級な野菜であるとして、このような蔑称で呼ばれている。名前のとおりセリ科の植物である。

概要[編集]

パセリは、野菜であるとみなされているにもかかわらず、多くの日本人が拒否反応を示す食物である。特に洋食の付け合せのパセリはほとんどの人が残すと言われる。ピーマン人参を食べない子供は咎められるが、パセリを食べないことを咎める人はほとんどいない、「食べ物を粗末にしてはいけない」と日頃から教えられている日本人も、付け合せのパセリだけは決して食べようとしないことから、何か宗教上の問題があるのではないかと考えられており、民俗学上の研究対象となっている。

パセリに纏わる伝承[編集]

以下のような伝承は、日本人が頑なにパセリを食べない事と関係があるのではないかと言われているが、真偽は不明である。

  • 日本人は、子供の頃から「パセリを食べると鬼がやってきて遠くの島に連れ去られてしまう」と教えられている。
  • あるとき、パセリの産地である村にみすぼらしい格好の男がやってきた。彼は村人に、どうかパセリを少し分けて欲しいと懇願したが、村人は彼を怪しんでこれを拒んだ。後になって、その男は戦を逃れてきた南朝の宮様であることが分かった。村人たちは大いに恥じ、二度とパセリを食べまいと誓った。
  • 石田三成はパセリ畑に隠れているところを徳川の追手に見つかり、捕らえられた。地元では「パセリではなくニラだったら見つからなかったのに」と嘆いて二度とパセリを食べなくなった。

利用[編集]

戦時中、パセリは外国のスパイを見抜くために用いられた。外国人は付け合せのパセリを平気で食べてしまうため、簡単にスパイであるとバレてしまい、パセリは防諜に一役買っていたという。