パナウェーブ研究所

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「パナウェーブ研究所」の項目を執筆しています。
「春過ぎて 夏来たるらし 白たへの 衣干したり 天香具山」
パナウェーブ研究所 について、持統天皇

パナウェーブ研究所(-けんきゅうじょ)は、日本電波から守る正義の白装束集団である。パナソニックの子会社。通称は「白の組織」。名探偵コナンの「黒の組織」とは仲の悪いことで有名。

概要[編集]

主神は「見返る」(ミハエル、ミカエルとも)とのことで、どうやらキリスト教系の新興宗教であるらしいが、仏教も取り入れているらしく、唯一神への絶対忠誠を誓うような西洋的な信仰スタイルではない。一方で共産主義思想は絶対悪であると位置づけており、唯物史観は気に入らない模様。

アゴヒゲアザラシの「タマちゃん」への造詣が深いことでも有名であり、「タマウェーブ」「ジェイウェーブ」と間違えられたこともあった。

乾電池、ひいてはあらゆる発電機器の研究も極秘に行っている。

常にお遍路さんみたいな格好をすると、電波からまもることができるという信仰から、白装束集団と化したといわれる。

主な研究成果[編集]

  • 電波から身を守る方法
ここの団員は、原子力発電所から小さなボタン電池まで、些細な電波を見逃さず感知する超能力を有する。その超能力でこの研究の発展に寄与した。
特に、護符における「渦巻き模様」の極秘研究を日々行っている。そのため、鳴門海峡へ向けて民族大行脚という光景も……。
これには極秘かつ常時、目を光らしている。これの影響で日本の危機を察知すると、民族大移動が始まるとか。
  • 寒帯や冷帯に生息する獣の温帯・亜熱帯における生態系調査
自然に返す」という名目で動物を拉致、研究材料にするのが常態である。
  • 正義活動
黒の組織とは結成当時から根強い因縁が存在し、度々抗争となる。原因は思想観の差異により、分裂したことによる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

又吉イエス顔写真.jpg パナウェーブ研究所は腹を切って死ぬべきである。またパナウェーブ研究所はただ死んで終わるものではない。
唯一ネ申又吉イヱスが地獄の火の中で加筆・編集させる者である。
パナウェーブ研究所を笑って見ているだけの者も同様である。理由は未完成であるなら自ら完成させるべきだからである。
詳しい理由は選挙公報等で熟知すべし。 (Portal:スタブ)