パラケルスス

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「パラケルスス」の項目を執筆しています。

パラケルスス(Paracelsus、1493年 - 1541年9月24日?(現在も存命とも))は錬金術師、医師などを表の職業にしていた中世ヨーロッパの偉大なフィギュアモデラー。本名はテオフラストゥス・フィリップス・アウレオールス・ボンバストゥス・フォン・ホーエンハイム(Theophrastus Philippus Aureolus Bombastus von Hohenheim)。

エルリック兄弟の父親ともされるが詳細は不明。

人物・来歴[編集]

スイスで生まれ、アルプスの大自然に育まれながらの英知の結晶であるフィギュアづくりに目覚める。その際にとある少女との出会いがあったとされるが定かではない。

また、錬金術にかぶれており、患者に金属療法と称してメチル水銀などを投与して死なせたとの伝説もある。

ルネサンスの自由奔放で人間の裸がやたらと描かれた宗教絵画に影響され人体の再生産を目指す。通常は彫刻や粘土等で行なうべきこの行為を彼は自らの精液を化学的に加工するという方法で行なった。その方法は以下の通りである。

  • 精液に数種類の薬草を混ぜを40日間フラスコ(蒸留器)に密封し保存。
  • フラスコ内の精液が透明な人型(フィギュア)に変化するのを確認。
  • 馬糞の醗酵熱、あるいはの子宮内と同じ温度で40週間、人間の血を与えて育てる。

こうして生まれた生命あるフィギュアはホムンクルスと呼ばれ小さいが人間そっくりの姿と知能を有し、会話も可能だったという。何のために生み出したかは定かではないが、チョメチョメアーン♥♥するためのあれではないし、目的は現代となっては窺い知ることはできぬが、一説によれば完全なる生命を生み出すことだけが目的であったとされる。つまり彼の本業はフィギュアモデラーであり、医師や錬金術師という肩書きは安定した収入や世間体のためのものであり、仮の姿であったと言える。

  • また、自らのスティックに「アゾット」と名前をつけており、そこからでる軟膏には錬金術で得た能力が詰まっていたとされる。

伝説[編集]

  • パラケルススとはペンネームである。「パラ」はパラノイアに見られるような過剰な、とか超えた、という意味でありケルススは古代ローマの医者である。すなわち彼の名は超ケルススという意味であった。
  • 日本に観光に訪れた際、農家で食べたサッポロポテトに感動、自分のスティック「アゾット」から軟膏を取り出しそのへんに塗りたくったところ、塗りたくられた部分が…じゃなかった、に変化、村人から「キサマ、イカサマをしているな」と言われ、ペテン師扱いされ松前藩から打ち首にされそうになったことがある。

関連[編集]

  • 錬金術
  • 医者-後年免許を持っていないのに医療行為をした咎で打ち首になった。
  • 水銀
  • 精液-パラケルススはこれに異常な関心を持っていたと伝わっている。