パレンバンデー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

パレンバンデーPalembang Day)とは、大日本帝国陸軍挺身部隊がパレンバンに降下した記念日である。2月14日

概要[編集]

そもそもチョコレートは、幕末に日本に伝わり、大正時代にはカカオ豆からの一貫生産が始まるなど、着々と日本に定着してきた。しかし、昭和12年に支那事変が始まると、輸入制限令によりカカオ豆の輸入が制限されるようになった。昭和15年にはついに輸入が途絶し、生産は中止された。この情勢を打開すべく昭和16年12月8日に帝国が米英蘭に宣戦したのはよく知られた事実である。

昭和17年2月14日11時30分、大日本帝国陸軍挺身第2連隊は、オランダ領東インド(蘭印)のスマトラ島パレンバンに落下傘降下し[1]、同地を占領した。その後更に日本軍は進撃を続け、蘭印全域を占領し、カカオ豆の産地を手中に収めることになった。ここにおいて、日本は長期安定的なチョコレート供給体制を確立したのである。
その翌年には全国民にチョコレートの特別配給が行われたほか、陸軍省と農林省はこのことを記念し、2月14日を「パレンバン・デー」に制定した。また、この年から毎年「2月14日には銃後の婦人はチョコレートを前線の将兵に送ろう」というキャンペーンが行われるようになった。

その後[編集]

敗戦後、この事実はGHQによって抹殺された。そのために総司令部は、パレンバンデーを「バレンタインデー」と改め、「昭和21年の今日、進駐軍のバレンタイン少佐が子供たちにチョコレートを配ったという故事に由来している」というデマを流して、空の神兵の活躍を闇に葬ったのであった。


脚注[編集]

  1. ^ なお、これより以前に日本海軍陸戦隊がセレベス島メナドに落下傘降下していたが、大人の事情により陸軍のパレンバン降下まで発表は見合わされた。そのためパレンバンの戦果ばかりが目立ち、メナドについてはお察しください

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「蘭印作戦」の項目を執筆しています。
歴史の渦に巻き込まれる! この項目「パレンバンデー」は、歴史に関連した書きかけ項目から歴史に残る記事進化しなければならない。
歴史は今作られている!君の名をこの記事(の履歴)に刻むのだ。 (Portal:スタブ)