パンチングマシン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

パンチングマシン(Panting machine)とは、のゲームである。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「パンチングマシン」の項目を執筆しています。

概要[編集]

Icon-not-under18.png 注意 : アンサイクロペディアに未成年者の閲覧にふさわしくない記述・表現が含まれているのは仕様です。
たまに最初から穿いてない不届き者もいるが、それもご愛嬌である。

100円硬貨を1枚入れるだけで3分間、3D美少女がストリップ・ショーを見せてくれる設定になっており、硬貨を追加するごとに2分延長される(例:3枚入れれば7分間にわたって美少女のショーを楽しむことが出来る)のである。また、忙しい人のための設定として入れた硬貨の枚数に応じたプログラムを組んであり、3分なら3分ぴったりでショーが終わる(終わらせてくれる)。そのため、手っ取り早く最後の一枚までさっさと脱いでくれる。まったく情緒もへったくれもあったものではないが、忙しい現代人にはかえってピッタリであるという意見が根強いため、このシステムが採用されたのであった。逆に硬貨をどっさり、たとえば10枚(つまり千円分)入れれば3+2+2+2+2+2+2+2+2+2=21分もの間、あなたの大、大、大好きな、でもどんなに想い焦がれていても決して手の届くことのなかったあんな娘こんな娘、もしくはすっかり爛熟した女性が目の前であんなポーズ(例えば寄せて上げてアーン♥♥とか)やこんな仕草(例えばフェラチオとか)も思いのままなのである。

「さぁ、あなたはどの子がお好みですか?」
パンチングマシン について、アナウンス

全156作品、そして各ジャンルごとに156名ずつのヒロインの中から、好きな娘をセレクトし、仕草やポーズ、脱いでいく順番などを細かいところまで好みで決めたら(面倒がりなあなたには「お任せコース」か「本日のおススメ」を推奨する)、いざレッツ・プレイ♪なのである。ちなみに、カスタムバージョンとして倍料金を投入するとふたりエッチプレイ(脱がしっこ、レズ、ストレート、ホモ、異種族その他もろもろ)も演じてくれるので、お金に余裕のある方はこちらもおススメである。また、硬貨が切れる直前になるとヒロインが「ねぇ、もうおしまいにしちゃうの?」と媚びたっぷりにささやきかけて来るため、懐事情と相談した上で心をにしなければ(終了させなければ)ならないのがこのゲームにおける唯一最大の哀しみ[不要出典]である。

華麗なるヒロイン達[編集]

セレクトできるジャンル(一部または大半に男の娘を含む)の一部を、以下に紹介する。

実在の人物(男女共通)
  1. アイドル(たとえ自称でも含む)
  2. 歌手(どんなに音痴でも含む)
  3. 俳優(どんなに大根でも含む)
  4. お笑い芸人(売れてなくても含む)
  5. スポーツ選手(アマチュアも含む)
  6. 政治家(政治活動家も含む)
  7. 作家(文筆家・漫画家・画家など)
  8. 制服系(警官消防士駅員運転士自衛官など)
架空の人物(男女共通)
  1. マンガ(設定は脳内変換のこと)
  2. アニメ(中の人は無視)
  3. ゲーム(二次創作も含む)
  4. 小説(妄想具現化はご自由に)
  5. ライトノベル(ネ申の意向はあえて無視)
  6. 特撮(中の人も含む)
異種族(パンツを穿いている種族に限る)
  1. 妖精・エルフ・ドワーフ
  2. 怪物・怪獣、妖怪宇宙人
  3. その他

……って、[編集]

ある訳ないでしょ、こんなの。全部妄想に決まっているじゃないですか。あるんだったらがやってますよ、とっくに。

関連項目[編集]