ヒガンバナ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ヒガンバナ」の項目を執筆しています。

ヒガンバナ(彼岸花、Lycoris radiata)とは、である。

概要[編集]

ほとばしるブラッド・クラウン。

全草有毒なヒガンバナ科ヒガンバナ属の球根多年草で、気まぐれに放射させた花弁はまるで弾幕のようである。花の見ごろはで、9月中旬ごろから紅い花をつけるが、まれに白い個体も存在する。

生息[編集]

よく道端などに群生しているが、これはかつて行き倒れや捨てられたまま死んだ赤子の魂魄がそれぞれ天地に還った(人が死ぬと、その魂は天に、魄は地に還ると言われている)残滓を好んで養分とする習性をもっているためである。花弁の紅さは死体から吸い上げたの色であり、その地に遺された未練や怨念の深さである。そのため、まれに見られる白い花は、その地がすっかり清められたことを示し、その個体が使命を終えたことを表わしている。

名称[編集]

ヒガンバナはその有毒性から「食べると彼岸に達せられる(=死ぬ)」ことから彼岸花と呼ばれている。

また、ヒガンバナには多くの異名が存在しており、中でも有名なのが曼珠沙華(まんじゅしゃげ)、これは仏典に登場する「天上の花」を意味しており「食べると極楽浄土に逝ける」ことからそう呼ばれるようになった。あるいは先述の理由から死人花(しびとばな)、捨子花(すてごばな)、地獄花(じごくばな)とも呼ばれ、狐の嫁入りにも用いられる(どう用いられているかは禁呪である)ことから狐花(きつねばな)あるいは剃刀花(かみそりばな)とも呼ばれている。

余談[編集]

関連項目[編集]