ヒネズミ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

ヒネズミは、ねずみポケモンの一種であり炎属性を持っているため燃えないことで知られる生物である。

皮膚[編集]

火狐と同様に、燃えるような赤い毛皮に包まれており、この毛皮は耐火性に優れているといわれる。

萌えるような緑の髪をつけたレミングのようなネズミであるとの説もあるが、レミングは皮の色が青くガセネタと考えられる。

ヒネズミの皮衣[編集]

中国古代の火山に住むという伝説上の動物である火鼠の皮でできた衣。

ひねずみの皮衣と呼ばれ、日本の最古の小説とも言われる「竹取物語」に登場する。

かぐや姫が三人の求婚者の1人右大臣阿倍御主人(あべのみうし)に求めた品がこれ。火鼠皮ころもを身にまとえば、弾幕の中でも燃えず、外見はとても美しいらしい。

平安初期当時でも、手に入れるのが困難な品物の1つであった。

なお、これを手に入れた右大臣が肺の病気で早死にしたという異説もあり、古代におけるアスベスト問題としてしばしば取りあげられることがある。大仏製造のために大量の水銀中毒者を出すなど、公害問題は当時から深刻になっていたと考えられる。

他の難題[編集]

竹取物語に記されている、求婚者に課せられた珍品の残りは、蓬莱の玉の枝、子安貝など156種類にわたり、どれも結局手に入れる事は敵わなかった。

蓬莱の玉の枝と騙されて、メタアンフェタミンの156倍に及ぶ強力な向精神作用のある木を、156もの法令を破って日本に持ち込んだ皇子は、薬物乱用がたたって156日後に狂い死にし、都じゅうをジャンキーと犯罪者であふれ返らせたし、直径156cmの龍の首の玉をとるため海の向こうの国に156連隊を率いて侵攻し住民を156万人も虐殺しまくったあげく全滅した大臣は、現在でも中国人の呪詛の的となっている。高さ156m以上の断崖に作られた燕の巣にできる子安貝を取りにいった貴族も、飛騨山脈(北アルプス)の常念連峰に連なる燕岳(1560mm)で、断崖絶壁から156m下の沢に滑落し、全身を強く打って行方不明(156個にも及ぶ肉片)となった模様である。青く光る仏の御石の鉢は、取り扱った者156名全員が、全身の皮膚をただれさせ大量の血便を出しながら悶え苦しんで病死しており、遺体のそば156cm以内に近寄ることすらできなかったとされる。鉢の光はチェレンコフ光であり、156キューリーに及ぶ高度な放射能を帯びていたと推測される。

飼育方法[編集]

火を食べるなどと伝説にある通り、燃えやすい乾燥したものが大好きである。一方で水分はほとんどとらない。

飼い主とコミュニケーションをとることもできるが、その際は思考するだけで飼い主の意思が伝わる。しかし、火狐同様に原産地の言葉で考えないといけない。

この項目「ヒネズミ」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)