ヒューマノイド (ネオ元素)

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ヒューマノイド(Humanoid)は、ネオ元素の第7周期、3族に属する15個の元素のグループである。

特徴[編集]

ヒューマノイドに属するネオ元素は人体に関わる元素が多く、主に人体に含まれている。どのネオ元素がどれくらいの量含まれているかによって人格及び性格が変わると言われている。また、年齢や性別によっても人体に含まれる量が変わるとされている。

属するネオ元素[編集]

ヒューマノイドに属するネオ元素はまだあまり発見されていないため、空欄が多い。

番号 名称 記号 備考
hum01 89 ヒューマニウム Hu 人体及び人型ロボット、及び22世紀の猫型ロボットに含まれている。
hum02 90 不明 ? ?
hum03 91 不明 ? ?
hum04 92 厨素 Ch 人体の中で分泌される。自然界には存在しない。
hum05 93 ウンウンウムウム Uum 人を納得させてしまう元素。
hum06 94 不明 ? ?
hum07 95 ツンデレビウム Td ある一定の温度を超えると、比熱異常、電気抵抗の増大が確認されている金属元素。
hum08 96 モエイウム Mo 萌える色をした元素で、人間の皮膚に近い性質を持つ。
hum09 97 エロニウム Er モエイウムに近い反応性を持つ兄弟元素で、エロさを決定するといわれる。
hum10 98 幼素 Lo 主として14歳以下の少女および女児に含有される物質。
hum11 99 不明 ? ?
hum12 100 キリバン Kb 黒色の金属。キリバノイド元素群の1番目。
hum13 101 不明 ? ?
hum14 102 不明 ? ?
hum15 103 不明 ? ?

関連項目[編集]


この項目「ヒューマノイド (ネオ元素)」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)