ヒヨコポリタン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

ヒヨコポリタンとは、ひよこ大王国の第三の都市で農業生産額が一位の大都市である。本来の発音はヒヨコォポォリタァンだが寛大なひよこ陛下は気にしておられない。どちらでもよい。世界三大農業発展都市の一つである。主な農場主である特別なひよこの人口はざっと500万匹それに対して奴隷人間の人口は50億人ほどいる。

概要[編集]

農協の会議は大変だ!

国際トレードセンター国際総合青果市場特殊コンバイン、農協会議所、各国の外国人労働者のホテルやヒヨコグラードに本社を置く会社の支店などが集まっている。もちろん首都と同じく交通機関は発達していない。しかし各都市部への野菜配送用の管が張り巡らされている。なお、月一度の農協での会議は首都の混雑並みにひどい。
ちなみに今現在奴隷である人間の反乱は見られない。これはひよこ陛下のご威光のおかげである。

歴史[編集]

  • 146年:ひよこ大王国建国の翌年環境的にも地理的にも適地だとして国立農業都市になる。
  • 149年:ひよこ陛下視察一時的にヒヨコポリタンに滞在する。
  • 150年:このころから機械を使用したひえなどの栽培が盛んになる。
  • 1580年:織田信長がひよこ陛下への臣下の礼の一環として視察に訪れる。
  • 1600年:関ヶ原の戦い後、ひよこ陛下が首都防衛の間滞在する。
  • 1603年:このころからは全世界への生産物輸送を始める。
  • 1855年:この地域で風邪が大流行する。死者多数。
  • 1867年:明治新政府が視察この際に明治天皇が夜を過ごす。
  • 1904年:日露戦争時は戦場から離れた都市だったので後方支援として食糧部隊が駐屯する。
  • 1914年:首都と同じくドイツ軍に空爆を受けるがジャガイモ爆弾で撃退する。しかし、農耕地の20%が爆撃によって焼失する。
  • 1933年:町中でアドルフ・ヒトラー首相就任パーティが開かれる。
  • 1936年:ヒトラー総裁祝賀会のメインサラダに特産物が使用される。
  • 1942年:ヒヨコグラード攻防戦。首都を脱出したひよこ陛下が滞在。
  • 1945年:首都へ戻るひよこ陛下を見送りのため大パーティーを開く。
  • 2001年:世界の農業研修者が続々と集まる。
  • 2009年:世界農業都市に認定される。
  • 2018年:ついにひよこ親王を始めとした皇族が長年の苦労を報いに労働ヒヨコたちにお声をかける。親身になって国民と話すひよこ陛下などのお姿は全世界で有名になりひよこ陛下人気は社会現象になった。

観光スポット[編集]

ヒヨコール離宮
ひよこ陛下及び他国来賓の視察の際の生活の場。明治天皇や織田信長、もちろんひよこ陛下も夜を過ごした。
知事公邸
知事の公邸。
ひよこの庭
労働困難者などを集め就職先を探す施設。
ヒヨコンガム宮殿
ひよこ陛下のヒヨコポリタン滞在時における公務執行所。
ヒヨコーラム国際青果市場
ここでとれる生産物を求めて毎朝世界中からひよこが集まる。
ヒヨコッピ空港
唯一の交通機関。市場に来る人とひよこ陛下専用。
ピヨ湖
国内第二位の大きさの湖。水温が低い。
ヒヨンブリッジ大学
農業学校。頭は悪くない。
マスター養鶏場
桜色の卵から最強のひよこたちが生まれてくるところ。ひよこ人口の源

主な生産物[編集]

  • ひえ-ヒヨコポリタン南部に多い。
  • あわ-ヒヨコポリタンの北部に多い。
  • 稲-ヒヨコポリタンの山岳に多い。
  • 全人類の食す野菜。ヒヨコポリタンの郊外に多い。

地形的特徴[編集]

ヒヨコポリタンはヒヨコグラードから南に10kmほどのところにある。
ピヨ湖を中心に町が構成されており北部にひえ畑、南部にあわ畑、西部にある山岳中に水田がある。その周りに空港がありそのさらに外側に人類作物がある。
気候は主に温暖湿潤気候で、四季があり農業にとても適した気候となっている。
近年はヒヨコスタンから大気汚染された空気が流れてきており農作物への影響が心配されている。

関連項目[編集]

ひよこ この項目「ヒヨコポリタン」は書きかけだよ。書いた本人とひよこ陛下が言うんだから間違いない。より素晴らしい記事にできるってなら、してみやがってください。お願いしましたよ。 (Portal:スタブ)