ヒヨドリ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

ヒヨドリ(鵯、ヒヨドリ・学名 Hypsipetes amaurotis )は、スズメ目・ヒヨドリ科の小鳥と呼んでよいのか微妙なサイズの鳥である。日本全国に分布し、どこにでもいる身近な鳥にもかかわらず、あまり一般に認識されておらず、元首相にもムクドリと間違えられるほどである。ムクドリと混同する人がいるようだが、似ているのは大きさくらいである。

特徴[編集]

全長は約275000μmほどで、雌雄同色。全体にねずみ色で、目の後ろはウンコ色の模様があるのが特徴であり、汚らしい体色である。さらに、頭部の羽毛は寝起きのようにボサボサであり、短足である。鳴き声は「ピーーーッ」と甲高く非常に耳触りである。これらに対し、尾が長めでスマートな体型であることが唯一の救いである。

習性[編集]

餌場では、たとえ満腹になったとしても立ち去らず、他の鳥が近づこうものならしつこく追いまわして追い払うという大変卑しい性質をしている。また、農作物を食害することがある。本来ならミヤマガラスのことを指すはずである卑+鳥の「鵯」という漢字が、ヒヨドリに当てられるようになってしまったのも、上記のような卑しい性格のせいである。

そんな見た目も性質もメジロシジュウカラなどのかわいらしい鳥とは違う本種であるが、メジロに負けず劣らずの甘党であり、甘い蜜や果実が好物である。さらに、ヒナから育てると良く人に馴れ、つがいの中も良いという意外な一面をもつ。いわゆるギャップ萌えである。

日ごろの卑しい行いが災いして、しばしば濡れ衣を着せられることがある。メジロがツバキの花を足の爪で傷つけたり、スズメが桜の花を根元からちぎったりするのだが、現場を見ていない人はこれらをヒヨドリの仕業に違いないと信じて疑わないのである。余談だが、このことに目を付けたウソは、どうせヒヨドリのせいになるだろうと桜のつぼみを食べたのだが、調子に載ってたくさん食べすぎたせいでばれてしまい、駆除までされるようになってしまった。

名前の由来[編集]

鳴き声説
「ヒーヨ」と聞こえる声で鳴くため、ヒヨドリという名前になったという。
「ひ弱そうな鳥」が転じたという説
実際は決してひ弱ではないのだが、ほっそりとした体型であり、脚も短く弱弱しく見え、動きもなんとなくぎこちない感じなので、ひ弱そうに見えたのであろう。
この項目「ヒヨドリ」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)