ヒルトン姉妹

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情DHMOが必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ヒルトン姉妹」の項目を執筆しています。
デイジー&ヴァイオレット・ヒルトン姉妹

殿結合体ヒルトン姉妹 (でんけつがったいヒルトンしまい) とはアメリカのセレブ女優であるデイジーとヴァイオレットのシャム双生児の姉妹のことである。 生まれたときに臀部がくっいていておしりが二人で三個しかないという不自由な身体だったためパンティも二人で一枚だった。

幼い頃に見せ物小屋に売り飛ばされ見せ物として全米各地を巡業していたところをトッド・ブラウニング監督の目にとまり、 映画スターとしてデビューした。

主演映画フリークスはあまりのすばらしさにアメリカのフィルム遺産としてアメリカ議会図書館に永久保存されている。

没後に2人の生涯を基にしたミュージカル『SIDE SHOW』が上演されている。 この時にヒルトン姉妹を演じた女優は接着剤で尻をくっつけてシャム双生児の役作りをしたと言われている。

このミュージカルに感激したホテルの社長が自分の娘であるパリスとニッキーをシャム双生児でも何でもない普通の人間であるにもかかわらず、ヒルトン姉妹として売り出す、外見的に特に面白くないにも係わらず、奇行の連続で珍獣としてアメリカだけでなく日本でも広く愛されている。

二代目ヒルトン姉妹のパリス・ヒルトンは肉体的には普通であるが、精神的にはかなりのセレブであり、様々な逸話を残している。

  • 閉所恐怖症とADHD(注意欠陥障害)を発症している。
  • お漏らしが多く、パーティーに出席した際、小用を我慢できなくなりその場で漏らした事がある。また、お漏らしした為に乗っていたヘリが緊急着陸したこともある。
  • 知能が低く、ロンドンで結婚式を希望したのに、ロンドンがどこの国にあるのか知らなかった。
    • これに関してはロンドンがイギリスの首都であることを知っているアメリカ人などごくごく稀であり普通であると言われているが、それだとアメリカ人の大半が精神的なセレブということになってしまい、アメリカの知識人から猛反発を受けた。

二代目ヒルトン姉妹の活躍によりセレブとは肉体的な特徴よりも精神性が大切であることが一般社会に認識されるようになった。


関連項目[編集]