ビコリム戦争

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
ひよこ陛下
秀逸になりたい記事
この記事は秀逸な記事になりたがってるよ。推薦してくれたA-b-a-a-a-a-a-a-b-a (会話)さんとひよこ陛下が言うんだから間違いない。この記事を秀逸にするかについてはUncyclopedia:秀逸な記事の選考で議論してください。お願いしましたよ。
ビコリム戦争
戦争: ビコリム戦争
年月日: 2007年7月-2012年12月
場所: インターネット上、ウィキペディア英語版
結果: ウィキペディア多数派の勝ちとされる
交戦勢力
A-b-a-a-a-a-a-a-b-a ウィキペディアの多数派
指揮官
ShelfSkewed
戦力
たった一人 その他のユーモア欠落症患者
損害
投稿する権利を永遠に喪失 信頼の損失

ビコリム戦争 (-せんそう、: Bicholim conflict) とは、2007年から2012年にかけて、あるウィキペディアンがウィキペディアシステム自体に対して起こした戦争である。

戦争の発端[編集]

2007年7月、A-b-a-a-a-a-a-a-b-aという人物がウィキペディア英語版にてある記事を執筆したことに始まった。インドの、マラータ勢力とポルトガルの植民地勢力の戦争を描いたその記事は、大変詳しく調べた上で書かれており、ウィキペディアの方針にそった極めて良い記事であった。そのため、同年9月には「良質な記事」にも選ばれ、皆から賞賛されていた。2007年10月には、秀逸な記事にA-b-a-a-a-a-a-a-b-aが自薦。しかし、そこでは選ばれなかった。理由は、出典が乏しいという、ウィキペディアならではの口実であった[1]

この時には、まだ誰一人として、戦争に発展するなんて思いもよらなかった。

発覚[編集]

秀逸な記事になれなかったとはいえ、この記事はその後、良質な記事としてみんなに尊敬されてきた。

しかし2012年12月、誰もが予期しなかった事件が発生した。ShelfSkewed という人物が、なんと削除依頼に提出したのだ[2]。ShelfSkewedは、何気なくこの記事の出典をたどってみたところ、なんと最終的には再びこの記事に戻ってくることを発見。あの詳しい記事の内容は全てだった。それを根拠に、「この記事はでたらめである」と証言。12月28日に削除依頼に提出したが、翌日にはもうこの記事は消されていた。

A-b-a-a-a-a-a-a-b-aはあえなく敗れた。

その後の展開[編集]

各外部メディアでも、ウィキペディアの弱味として大きく報じられた。その結果、ちまたでは「ウィキペディアは信用できないウェブサイト」と言われるようになり[要出典]ユーモアもなく、かといって一概に真実が書かれているのでもないことがバレたウィキメディア財団は衰退していくことになった。A-b-a-a-a-a-a-a-b-aは、ウィキペディアでは無期限ブロックにされてしまったが、それは、全てはA-b-a-a-a-a-a-a-b-aのみが悪いのだという財団の苦し紛れの言い訳である。すなわち、この戦いはある意味では彼の勝利と見ることもできる。というか、むしろその方が正しい、という説が優勢だ。ウィキペディア側の勝利というのは、あくまでウィキペディア側の発表に過ぎないのだ。

代わって、真実はないものの、ユーモアをとことん究めたアンサイクロペディアが注目を浴び始めた。ウィキペディアと違って、正々堂々と虚構を執筆する方針が広く認められたのだ。世界的に、アンサイクロペディアの記事が増加しているのは、この出来事のお陰である。

我々の見解[編集]

A-b-a-a-a-a-a-a-b-a氏は、理不尽なウィキペディアに宣戦布告をした勇者であった。アンサイクロペディアでは、この人のような、をもて余していて、なおかつ想像力豊かで、真実を書くことに飽き飽きしている人材を求めている。エクストリーム・ウィキペディア執筆のネ申となった同氏には、十分な資格がある。しかし、A-b-a-a-a-a-a-a-b-a氏は、少しアンサイクロペディアンの必須事項に当てはまらないところもある。それは、悪意が窺えるという点である。自分でウソの記事と分かっていながら秀逸な記事に自薦したのだ。これは、あまり宜しくない。

むしろ我々は、この記事が虚構であると証明したShelfSkewed氏を歓迎する。この人物は、「ウィキペディアは真実が書かれている」という大方の考えにとらわれずに何気なく出典検証を行い、見事に勝利して見せた。おそらく、証明するには、多大な労力を要したことだろう。彼もまた、それほど暇だった。こんな暇人が、他にどこにいることだろうか。同じ暇人でも大違い。彼なら、きっとその沢山有り余った時間で素晴らしい記事をアンサイクロペディアに書くことができる。彼は現役のウィキペディアンだ。しかし、我々は、いつかあなたがアンサイクロペディアのために記事を執筆してくれることを待っていますよ。

脚注[編集]

リンク[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ビコリム戦争」の項目を執筆しています。