ビッグコミック

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

ビッグコミックとは小学館の漫画雑誌。何となく雰囲気で続いていく不思議な雑誌である。

概要[編集]

まんがタイム系列に匹敵する、何となく増えた派生誌の多さが売りとなっている。 元々は漫画家の活動範囲を広げる為小西湧之助が創刊した。どちらかといえば劇画寄りの作品が多いものの、何だかわからない妙な作品もまた多かった。

看板となっているゴルゴ13も無言のまま一発射つだけというパターンも珍しくないし、釣りバカ日誌では延々とバブル終期の建築業界ネタが続いていた。連載メンバーが全員揃うことは滅多に無く、連載なのかどうなのかさえフワフワしたままなんとなく載っている作家も少なくない[要出典]

ビッグコミックの精神[編集]

「なんとなく」というこの一言こそ、ビッグコミックシリーズの精神と言える[要出典]。上記の通り連載なのかどうなのかさえフワフワした作品が多く、連載継続の決め手もまた「なんとなく」である。人気があるかないか、というより描いてくれるかどうかで載るか否かが決定する。例えば美味しんぼの場合、雁屋哲が自分の都合にあわせ何回か分の原稿を編集部に送ることで掲載枠が作成されるようになっている[要出典]

メディアミックスに関しても「なんとなく」であり、連載終了から長々と経過した「のたり松太郎」を何を思ったかアニメにしてみたり[1]、原作を跡形も無くして実写化した後に原作忠実なアニメ[2]を流した「釣りバカ日誌」などその展開に一貫性は無く「なんとなく」である。 また「赤兵衛」や「C級さらりーまん講座」など人気に左右されないコンテンツが多いのもビッグコミックが「なんとなく」精神を大切にしている証である。

脚注[編集]

  1. ^ 作者でさえアニメ公式サイトのインタビューで「今さら!?」と驚いていたほど。しかもマツケンを主演声優として起用するという暴挙に出た。
  2. ^ ただし、溢れるダイノガッツで爆竜戦隊アバレンジャーと共演したりもしたが。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ビッグコミック」の項目を執筆しています。


キャプテン翼の例のアレ.jpg ビッグコミック は、漫画関連の書きかけ項目です 」

「 書きかけとかつまらないとかはどうでもいい、ビッグコミック加筆するんだ! 」 (Portal:スタブ)