ビビンバ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

ビビンバ(びびんば)とは、韓国人が残り物を処分する為、それらしい料理っぽく誤魔化せるよう作りあげた、色んなものをぐちょぐちょにした混ぜご飯のような食べ物かもしれないものである。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ビビンバ」の項目を執筆しています。

概要[編集]

鰹葱生姜ビビンバ...え、カツオ飯?旨いのそれ?

基本的には、丼かそれに準じた器にご飯を盛りつけ、その上に、ナムル、、コチジャン、ごま油などを盛りつけて、食べる直前にかき混ぜる料理である。それなら初めからかき混ぜて出せばいいのに、わざわざ後からかき混ぜないといけない理由は誰もわからない。韓国人は一応もっともらしい理由をつけているが、全く説得力がないことはいうまでもない。

ちなみに、上に載せる具は5種類と決められており、これは中国発祥の陰陽五行説から来ていると韓国は力説しているが、これは箔を付けるために後からとってつけたものであることはいうまでもない。
ただし、上に載せる具の種類に関しては特に制限は設けられておらず、ユッケを載せたユッケビビンバ、魚貝類を載せた海鮮ビビンバなど無節操なぐらいにバリエーションが豊富だが、元々が残り物処分ご飯料理に過ぎないので、上に何を載せようがどうでもいいのは至極当然のことである。

ちなみに、石焼きビビンバは日本大阪で生み出されたものだが、やはり韓国は「元祖は自分」として認めていない。

その他の特徴として辛いビビンバか辛くないビビンバかで全く味が違う。別物。「これビビンバちゃうやろ」

誕生[編集]

陸続きということもあり、日本以上に中国の影響を受けてきた韓国は、中国同様かそれ以上に世間体を重視する文化を持っており、事などにその傾向を確認する事ができるだろう。

しかし、朝鮮半島の歴史は侵略と支配の歴史でもある。

特に清とか日本軍の占領下にあった時代、なんだかんだで搾取されていた一般人は日々の食事もまたひもじいものにならざるをえなかったが、そんな中、来客があった場合、出す物がない、しかし世間体を気にするあまり、下手なものをだすわけにもいかないという二律背反に苦しむ事になった。

とはいえ、やはり無い袖はふれない。その場は仕方なく残り物で誤魔化す事にしたのだが、やはり世間体は気になる。ということで、せめて見た目だけでも、という見栄っ張りな発想の元、ご飯の上に色とりどりの残り物を載せただけのものを、お客の前に出すという大博打にうってでることになった。

ビビンバの主材料の1つであるナムルも、文字の聞こえと響きはいいが、材料をみれば所詮はもやし大根のように何処でも育つ、簡単に作れると言った安上がりな野菜ばかりであり、ビビンバが残り物処分料理に過ぎない事は分かってもらえるだろう。

こんな料理を出された方も、ある意味いい迷惑なのだが、やはり世間体は大事ということは分かっているので、ガマンして食べることになる。とはいえ、原料が丸見えではやはり食欲も湧かない。ご飯に混ぜてしまえば、分からなくなるという決死の覚悟の元、お客は生ゴミ3歩手前の料理に箸をつけるのだが、追いつめられた果ての行動は時として奇跡を起こす。

残り物同士の相性+よくかき混ぜるという行為がどういう化学反応を起こしたのかは分からないが、とにかくそれはそこそこ美味しい料理になってしまったのだ。

それ以降、ご飯と残り物だけで作れて、そこそこ見た目がよく、そこそこ味もいいこの料理は、急な来客があっても世間体が保てる料理として朝鮮全土に広がっていく事になる。

尚、ビビンバという名前は、夕飯時にこの料理をみた日本人が「貧乏な晩飯」と呼んでことが訛ったものと言われている。

ビビンバ遺伝子[編集]

ビビンバ遺伝子を参照。

関連項目[編集]


海原雄山.jpg 女将を呼べッ!なんだこのビビンバは!!
よくもわたしの前にこんなシロモノを出したな!
今すぐ作り直せ!!ジュンサイの旬は初夏だ! (Portal:スタブ)