ピアジオ・MP3

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ピアジオ・MP3」の項目を執筆しています。

ピアジオ・MP3( - えんむぺとれ)とは、官憲により高額の課金が課せられていることで知られる、移動式音楽プレイヤーである。

概要[編集]

イタリアのピアジオ社が開発した、移動式音楽プレイヤーであり、mp3以外にもCDDA、wmaなど多数の音楽フォーマットに対応する。通勤時にも常に音楽を聴いていたいという理由で、一部に熱狂的なファンがいるものの、形状がキモイなど批判的な声も少なくない。

維持費は、重量級の音楽プレイヤーとしては比較的低額であるが、しばしば不合理な権利者の都合による不当に高額な課金の例として取りあげられることが多い。実際には、バレなければ不正改造し放題であり課金も安めである。

課金問題[編集]

現在、この機種は、年間1万円以上の高額な課金を課せられている。

これは、ピアジオなどの音楽プレイヤーが環境や各種利権者に与える損害に対する補償金であるとのことだが、暫定的措置としてその大部分が数倍に値上げされていることへの批判は根強い。ピアジオ・MP3の場合は比較的安価であり、下記の料金が年毎に課金される。

地方税 2400円/年
保険料 9740円/年(まとめ払いの場合優遇あり)

消耗品の代金については各方面から批判が強く、特に2006年ごろから消耗品の価格が高騰したため、正規の二倍に及ぶ課金を行う当局に強い批判の声が寄せられている。

検査制度[編集]

実際には、移動式音楽プレイヤーに高額な補償金がかかることについての批判は、主に、より大型の機種を使用するユーザーから上がっているとされる。

大型機種では、2年ごとに不正コピーなどにつながる不正改造をしていないかチェックされ、ついでに高額の課金が行われる。この課金についても3倍以上に値上げされており、近年は批判の声が高まっている。比較的小型のピアジオ・MP3では無関係であり、どんな爆音スピーカーやその他の爆音発生源を装着しても運行可能であるが、誤ってロリ画像を所持したまま名阪国道に入ってしまい、奈良県内でロリ画像検問に遭った逮捕例なども報道されている。

制限[編集]

各種法令により、18歳未満の者はピアジオMP3を所持することはできるものの、通常の方法で使用することができない。音楽が他の通行人に聞こえることにより音楽著作権者の権利を侵害するためである。一般人の立ち入らない屋内や施設内で使用することはできる。

使用する際には、服装や帽子についての規制がない。このため、特大サイズのヘッドホンを装着して使用することも可能であるが、東京都などいくつかの都道府県では、ヘッドホンの使用を制限しているため、いやでも周囲に音楽をたれ流す結果となる。

この周囲に音楽を撒き散らすという特性から、JASRACなど音楽著作権者団体と、騒音を嫌う幹線道路周辺のプロ市民は、さらなる規制や課金を求めている。