ピカチュー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

もしかして: ピカチュウ

ピカチューとは、ポケモンらしきものの一種。正確にはポケモンではないため、ポケモン図鑑には記載されておらず、ナンバーも振られていない。

概要[編集]

微妙に見た目が違う。いや、明らかに違う。
チートで他の技を覚えさせるとこんなことになる。ピカチューの本性でもある。

見た目はピカチュウにそっくりであるが、いくつもの相違点がある。違いを見分けるには瞳を見れば一目瞭然であり、ピカチューは瞳に輝きが無い。また、覚える技に乏しく、「たいあたり」と「しっぽをふる」のみである。10まんボルトかみなりはチートを使っても覚えることはできない。チートで無理やり覚えさせると暴走し、カセットやゲーム機本体 ・ 家 ・ 世界を破壊するため、決して覚えさせないように。また進化するとゴリチューになるので危険。

一言でまとめるなら、ピカチュウとピカチューの関係は、ミッキーマウスネズミーマウスの関係に等しい。

生息[編集]

2008年7月Googleの調査によると、ピカチューの生息個体数はおよそ217万頭であり、驚くべきことにピカチュウより多く生息していることが確認された。 さらには、生息数はヒコザルの約13倍であること判明した。

以下に主なポケモンとその生息数を載せておく。なお、生息数は日に日に変化しているので、現在はどれだけの数がいるかは分からない。

個体 生息数
ピカチュー 2,170,000
ピカチュウ 2,020,000
Hyde 1,560,000
ナエトル 433,000
ポッチャマ 330,000
セカチュー 323,000
ヒコザル 169,000
ジコチュー 77,400
ミューツー 17,800
アジョット 7,090
イカチュー 585

関連項目[編集]

参考資料[編集]