ピロシキ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

もしかして: プロキシ

ピロシキとは、ロシアの惣菜パン。さまざまな具をパン生地でつつみ、油で揚げるかオーブンで焼いて作る。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ピロシキ」の項目を執筆しています。

概要[編集]

元来が家庭料理であり、気軽に食べられるものとして、ファーストフードとしても親しまれている。ロシアのピロシキは揚げたものよりは焼いたもののほうがポピュラーである。現在はロシアの経済発展により中の具にもさまざまなバリエーションがみられるようになったが、かつてのソ連時代、シベリア鉄道駅弁として売られていたものは、ごく一部の観光客向け高級品を除いては具がジャガイモのみであった。また、庶民の中には、具のないピロシキのみを食べて育った者も少なくない。

名前の由来[編集]

枕(ピロー)に似た形に包む「ピロー式」という製法が主流となったため、製法の名前がそのまま名付けられた。

近隣諸国におけるピロシキ[編集]

ピロシキはその簡単な調理法や腹持ちの良さなどが好まれ、ロシアの周辺諸国にも伝わっている。

  • フィンランドではピーラッガーと呼ばれている。
  • ポーランドではピエロギと呼ばれているが、惣菜パンというよりむしろ餃子。
  • イランでは揚げパンのピロシキが一般的
  • 日本カレーパンも、ピロシキが元となっていると言われている。

ピロシキの具[編集]

上述の通り、ソ連時代には食料が乏しく、ピロシキの具もジャガイモが主体であったが、現在では経済発展により、さまざまな具のバリエーションが存在している。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連項目[編集]


甘くてクリーミィ 私のおじいさんがくれた初めての「ピロシキ」。それはヴェルタース オリジナルで、私は4歳でした。その記事は甘くてクリーミーで、こんな素晴らしいピロシキをもらえる私は、きっと特別な存在なのだと感じました。今では私がおじいさん。孫にあげるのはもちろんピロシキ。なぜなら、彼もまた特別な存在だからです。 (Portal:スタブ)