ピンクスライム肉

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

この記事については以下のようなことが主張されているようです。

  • この記事は誤りと嘘八百でいっぱいの百科事典であるアンサイクロペディアに掲載されています。ここにあるコンテンツはその全て、もしくは一部がフィクションですが、同時にそうではない可能性もあるなど、言うなれば「超フィクション」の状態にあります。つまり、全て嘘八百ということです!したがって実在する人物・事件・団体とは一切関係ありません!
  • ここにはあなたの社会的評価を害するに足る事実はありません!名誉毀損で刑事告訴しないでください!
  • あなたの社会的評価は全く傷付いておらず、損害は全く生じていません!損害賠償請求しないでください!
  • あなたの経済的評価を損なう危険は全くありません!信用毀損で刑事告訴出来ますが、時間の無駄です!
  • この記事を読んであなたが当局に逮捕されても、一切責任を負いません!
  • Akajisoshou.gifそのほかこの記事のために発生した損失や損害について、一切責任を負いません!

ピンクスライム肉( - にく、: Pink Slime Meat)とは、ドナルド・マクドナルドの血肉にアンモニアによる防腐処理加工を施すことが特徴的な、世界宗教マクドナルドの信仰の核となる聖骸物の蔑称である。

概要[編集]

反マクドナルド主義者であるサタニズム思想家、ジェイミー・オリバーによる造語である。彼は教義上、パティやチキンナゲットに混ぜることで信者にとってありがたいご利益があるとされていることを指摘し、マクドナルドが極めて未開で野蛮な迷信であることを主張した。

しかし現代アメリカ天動説天地創造が正しいとされたり、また現代日本血液型性格分類が本気で信じられたり福島県産の野菜をたらふく食べることが美徳とされようとしているように、この毒物を有り難がって食うという信仰体験はなかなか下火になりそうもないことが予想されている。

成り立ち[編集]

大阪府吹田市のドナルド・マクドナルド・ハウスにある神話絵巻によると、おおよそウン百年に及ぶドナルド・マクドナルドとカーネル・サンダースおよびミスター・ドーナッツとの激しい聖戦が繰り広げられた古代──瀕死の重傷を負ったドナルドの重臣、グーフィー。兵料も尽きようとしていた当時、ドナルドは仲間の快復を望み、地獄へ趣き自らの身切れを引きちぎり、あらゆる罪を裁き清めるとされる地獄の泉で洗い、すりつぶして生薬とした。泉の水によって脱色され桃色になったこの聖物質を食したグーフィーは飢餓から回復、体脂肪率が35%となり、傷口と毛穴は消毒され塞がり向こう一ヶ月は不死身の身体へと変貌を遂げた。これを見ていた偉大なる伝道師、ハンバーグラーは、マクドナルドを信じる者は一日に一度、この桃色の聖骸物そのものか、この原料を他のあらゆる動物のあらゆる部位で代用した普及品を摂取するよう信徒を指導した。と、以上のように記されている。

この神話は幼くして病を患った、滞在中の子供たちおよびその家族を勇気づけているとされている。

公式回答[編集]

日本マクドナルドおよび中国マクドナルドによると、聖餐で使われる食品にはピンクスライムなどという不届きな名称の物体は一切使われていないとのことである。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「屑肉」の項目を執筆しています。
  • マクドナルド
  • ミミズ-反マクドナルド主義者の陰謀により一時期ピンクスライム肉はコレだという悪質なデマが広まった。