ピンクリボン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Pinkribbon.jpg

ピンクリボン(Pink ribbon)とは、童貞の撲滅、風俗店の早期利用を啓蒙・推進するために行われるキャンペーン、またはそのシンボルのことである。日本人男性のうち、20歳を過ぎても童貞のままでいる割合はおよそ3人に1人と言われており、また、生涯を童貞のまま終える男性の数は年間1万人弱と言われている。特に先進諸国では近年の少子化に伴い、年を増すごとにキャンペーンの規模は拡大している。

発祥と歴史[編集]

ピンクリボンの発祥となったのはヴェネツィアのとある娼館が行ったキャンペーンである。キャンペーンの内容は「童貞の場合、性器にピンク色のリボンを巻いてくれば特別サービスを施す」といった内容のものであり、元々は単純に客層を拡大するための営業戦略の一つであった。

これだけならば地域規模の話題にしか過ぎなかったが、旅行先でそのキャンペーンを目にしたアメリカの雑誌編集者アレクサンドラ・ペニス(Alexandra Penis)が、自身の担当する成人男性向け雑誌『DICK』にて、「童貞脱出意識向上月間」なる特集を企画、ニューヨークの各書店に協力を求め、雑誌を購入した客に女性のヌードイラストが入ったピンク色のリボンを配布したことによって、ピンクリボンは一躍その存在を世間に知らしめることとなった。結果的にその特集はかなりの効果を奏したと言われており、ニューヨークでは特集期間中の1ヶ月の間にクラミジア淋病を初めとする各種性感染症の感染者が前月比220%にまで上昇したことが確認されている。

それらをきっかけとしてピンクリボンは性風俗の象徴として認知度を高めていった。現在ではピンクリボンは世界中で認識されており、性風俗関係者による活発な運動が続けられている。

日本におけるピンクリボン[編集]

キャンペーンでピンクにライトアップされたラブホテル

日本では近年、インターネットの普及とアニメ漫画といったサブカルチャーのハイクオリティ化に伴い、スイーツ(笑)と呼ばれる三次元女性への失望と二次元女性への傾倒が顕著に現れ、童貞の増加に繋がっている。特にゲームやアニメの女性キャラクターを俺の嫁と称して、そのキャラクターのために童貞を守ると誓う男性も多い。また、都市伝説の一つとして「30歳まで童貞を守り抜くと魔法使いになれる」という噂が流布していることがその傾向に拍車をかける原因の一つであるという説もある。

若年層の男性がそうした理由で女性との性的行為を含むコミュニケーションを忌避することにより、日本の少子高齢化は他国と比べて急速に進んでいる。

そんな中、日本のソープランドではまずはとにかく生身の女性の良さを知ってもらおうと、ピンクリボン運動に積極的に取り組む姿勢が見受けられる。特に、日本でも有数の風俗街である東京の「吉原」や「池袋」、札幌の「すすきの」、福岡の「中州」、埼玉の「西川口」などのソープランドでは日常的に新規顧客を対象としたサービス価格の割引等を実施しているほか、夜になるとソープ街一帯がピンク色にライトアップされる。

類似シンボル[編集]

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ピンクリボン」の項目を執筆しています。
この項目「ピンクリボン」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)