ピンク髪はDQNな子

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この記事には冗長性が不足しています。
改善には十分なメモリーとブロードバンド回線と大きなディスプレイ母性が必要です。
アンサイクロペディア法
を熟読した上で、分量を増やして下さい。

ピンク髪はDQNな子(-がみ-でぃーきゅーえぬ-こ)とは、イタリア南部の都市ナポリ在住の小説家ベアトリーチェ・ウナ(Beatrice Una,1986年 - )のニックネームである。ピンク色の髪をもつ彼女自身に対しての自嘲と、自らと同じ色の髪を持っていた彼女の亡き父親(正確には行方不明、後述)に対する侮蔑の意味が込められている。

ベアトリーチェ・ウナ。2007年イタリア、ナポリにて

ベアトリーチェの生涯[編集]

ベアトリーチェ・ウナはナポリを牛耳る犯罪組織カモッラの首領と、彼がサルデーニャ島で知り合った一般人女性(実名は検閲により削除)の間に生まれた。しかし2人は結婚していなかったため、生まれたベアトリーチェは私生児として育てられた(おまけに父親は死の数週間前まで自分に娘が生まれていた事実さえ知らされなかったと言われている)。

彼女は幼いころから父親と同じピンク色の髪を生やしていたが、それ故に同年代および年上の子供たちからいじめを受けたかどうかはわかっていない。ただ、彼女の肖像画を見ると髪が赤毛だったり青髪だったり緑色をしていたりすることから、髪の色に些か嫌悪感を抱いていたのかもしれない。

母親に甘やかされたのか、少女期の彼女の性格は真紅および雛苺並にわがままで潔癖症で高飛車、醜悪で汚い男性(例:グイード・ミスタ)やが嫌いだったが、現在では「この人痴漢です!」と叫ぶようなことはしない良識あるレディーに成長している。

15歳になったベアトリーチェは中央アジアあたりから流れてきた麻薬をめぐるカモッラの内部抗争に巻き込まれ、組織の秘密をネタに強請ろうと父親と敵対している反乱分子に追われることになる。ちょうどその頃イタリア南部の病院で母親が病死し、身寄りがなくなったのである男たちに引き渡され、父親の待つベネチアまで護送されることになった。

反乱分子の妨害を避けながらも命辛々ベネチアまでたどり着いたはよかったものの、父親はベアトリーチェを「いらない子」として抹殺しようとした。ほうほうのていで逃げだした彼女は父親の正体を探るため、愉快な仲間たちについて行った。そうこうする内に父親はコロネ頭のクソガキに「無駄無駄無駄無駄無駄ァ」と殴られた挙げ句、蜂の巣にされてしまったが、彼女はそれを悔やんでもいない。

現在、彼女はナポリ市内の一軒家で創作活動を続けているが、暇つぶしとばかりに家を覗きにくる阿呆なパパラッチに呆れ果ててしまったため、住所については一般公開していないらしい。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「黄金の風」の項目を執筆しています。