ピンボール

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

ピンボールとは、金持ちご用達のインテリアである。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ピンボール」の項目を執筆しています。

概要[編集]

昔はピンボールを作っているメーカーはいくつかあったが、そのほとんどが金持ちを唸らせる出来とは思えないものしか作れず、現在では1社が独占して製作している状態にまでなってしまっている。

金持ちのインテリアとなる前はゲーム機として扱われていた歴史がある。どことなく朝鮮玉入れの親戚に見えるかもしれないが、垂直ではなく斜めになっている。

残念なことに、ゲームルールも含めたピンボールの資料のほとんどは製造会社の撤退や倒産により激しく失われている。

ピンボールのルール[編集]

散逸した資料を断片的にあわせたところ、

  1. コインを1個いれる
  2. ボールが1個出てくるので、それをバネで撃つ。
  3. 左右のボタンで羽というものを動かせるので、それを使ってボールが一番下に落ちないようにする。

こんな感じであるらしい。

一部資料によると、

  • ボールを的に当てると高得点がもらえる
  • ある条件を満たすとボールがたくさんでてきたり、高得点がもらえる
  • ピンボール台を揺らすのはチートであり、犯罪である
  • ハイスコアを出すと金券が発行される

などさまざまな記述があるが真偽は不明、というか日本で金券を発行するピンボール台の存在に関しての情報はまったくないのでさすがに最後のはデマであろう。

多くの学者によると、朝鮮玉入れはピンボールを基にして名古屋で生まれたとか。

金持ちのインテリアとして[編集]

金持ちであるマイケル・ジャクソンの所持していたピンボール群

金持ちはピンボール台を照明兼BGM担当のインテリアとして使用している。

昔は一般のゲームセンターに卸すために製造していたのだが、いつの間にか金持ちの需要が大多数となってしまい、金持ち用のインテリアに特化してしまったようである。

一応遊ぶことは出来るが、ピンボールに使用されている部品は繊細なものが多くプレイすればするほど劣化が進むため、特別な金持ちぐらいしかプレイしない。

インテリアとしての出来はすばらしいのだが、ゲーム機としてではなくインテリアとして特化されてしまったため、ピンボール台のいたるところに電球がついており電気配線がかなり複雑になっていて大量生産には向かない。昔は配線は現在の半分程度で済んでいた(当時の技術力では電球をつけすぎると電圧不足に陥っていた)ためかろうじて量産できていたが、現行の体制ではもはや不可能である。

新品1台の相場は50万円前後。金持ちならポケットマネーである。

貧乏人用として[編集]

50万円出せないお前らにうってつけの情報だ。

お前らの使ってるWindowsXPに無料のピンボールゲームが入ってるぞ。 WindowsVistaからは消されたけど有志によって移植されたぞ。(英語しかないけど。)

 喜 べ 

ちなみにカービィとかポケモンとかがでてくるのはリアルじゃないからクソ。


Ronjeremy mario.jpg このゲーム「ピンボール」には、致命的なバグ・不具合が含まれています。このままでは発売できませんし、仮に発売しても非難の嵐となるでしょう。発売を延期してでもデバッグに参加して下さる開発者を求めています。 (Portal:スタブ)