ファイアチャレンジ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Bouncywikilogo small.gif
ユーモア欠落症日本語話者たちが不甲斐ないばかりに、ウィキペディア英語版の専門家気取りたちに「fire challenge」の項目を先に執筆されてしまいました!

ファイアチャレンジとは、アメリカで自らの肉体を使ってバーベキューをし、どれ程こんがりと美味しそうに焼けるかを競うイベントである。参加者は自らの肉を火で炙り、それを美味しく頂くのである。

概要[編集]

元々は、アフリカでの食糧不足を解決するため、自身が食糧になる、というチャリティー的な側面を含んだイベントだったが、後に自身の体を「燃やす」事が主題と化し、参加者には肉が振る舞われる事はあるものの、食用に適さない可燃性の液体が使われることがあり、社会問題となっている。

チャレンジャー[編集]

先程自身の身体を食糧として提供するという、主イエス・キリストもびっくりなチャレンジではあったが、教育現場では芳しくなく、それは子供の肉の味と言うより、イベントを見た12歳の少女が真似をして火傷を負う事件があったからである。 このような失敗例も多く、イベント主催側も「訓練を積んだ人間がやっているので、真似をしないように」との警告を発する事となった。 ね、練習をしてからやろうね?あと素人はやっちゃダメ。

拡散[編集]

最初のファイアチャレンジは、2012年に行われ、2014年頃に有名になった。余りにも有名になり過ぎて、消防士が警告したり中途半端な焦げ肉になったり、と言う結末になっている。

関連項目[編集]