ファイアーウォール

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

ファイアーウォール(ふぁいあうぉーる)とは、マイクロソフトが考案・開発した、建造物のための防犯設備の一種。現在はコンピューターのセキュリティ技術に応用されていることが多い。

概要[編集]

ファイアーウォールは直訳した通りに炎の壁を示すものである。マイクロソフト社は、人がよじ登らなければ越えられないような壁を使って建造物への進入口を遮断し、更にその壁を燃やすことでよじ登ることも不可能にするという防犯方法を考案した。非常に有効な防御手段であるが、建造物に火災が発生するというリスクを非常に高い可能性で負うこととなる。極端な話、予め建造物を燃やした状態にしておけば外敵が侵入できないという理論でもある。これはまさに素晴らしい発想であると野比のび太も語っている。

ファイアーウォールは建造物の防犯には向いていないことが明確であったため、やがてマイクロソフトはこれをコンピューターのセキュリティ技術に応用した。常に燃えている壁が侵入しようとした者を自動で焼き払うように、コンピュータセキュリティにおけるファイアーウォールは、コンピュータへの侵入を試みた悪意あるハッカーを自動で駆除することが可能なのである。この発想は非常に画期的であるとして評価され、現在は様々なセキュリティソフト開発企業によって派生となるものが開発されている。

コンピュータ用語におけるファイアーウォール[編集]

大抵のファイアーウォールは最近のアンチウイルスソフトに搭載しているため単体で導入する必要はない。また、かつては存在していなかったが、現在のオペレーティングシステムではごく一部の酷い情報弱者のために最初から最低限のファイアーウォールとして、Windows ファイアウォールなるものが搭載されている。また、Windows VistaWindows 7ではウイルスなどといった脅威へのブロックや排除を行うWindows Defenderが搭載されている。だが、いずれも情報弱者向けの最低限の救済でしかあらず、未知の脅威に対しては全く意味がない。

また、購入時の特典として最初からインストールされている場合もあるが、大抵期間限定のため、一定期間が過ぎると面倒なことに有料版の購入を要求される。

しかし、近年ウイルスソフトにも搭載されるようになり、「ウチのPCすげえで!窓とノートンのダブルファイアーウォールやで。いいやろ」と自慢する者もあらわれるようになった。しかし、これは明確に自らを情報弱者であると自慢する行為であるという説が濃厚であり、ファイアウォールを複数作動させると競合が発生し正常に動作しなくなることもこの説を裏付ける明確な証拠となっている。但し、Windows ファイアウォール(Windows Defender)が導入されている状態でNorton Internet Securityを導入すると未然に競合を防ぐため自動的にWindows側のファイアウォールが無効にされるため競合は発生しない。とはいえ、どちらにしてもダブルファイアーウォールにはならないため、この自慢は情報弱者によるものと明確に断言される。

主な仕事[編集]

不法侵入者を追撃
インターネットを経由してローカルディスク内に進入してくる悪意のあるプログラムを阻止し隔離する。因みにウイルスの隔離はファイアーウォールのみならずアンチウイルスでも行っているため競合という名のキャラ被りが発生する。これが発生するとセキュリティは正常に動作しない。
PCシステムの監視
システムを常に監視し、怪しい挙動を阻止する。但し、必要なものまで勝手にブロックしてしまう。
ハラスメントの拒否
色々な検閲により削除な件についても阻止が可能である。それが不都合だった事でも然りと言える。それがMSクオリティー。

関連項目[編集]


NOW LOADING .... Loading bar blue.gif
ファイアーウォールの執筆者をロード中です。しばらくお待ちください。
待ちきれない場合は自分で執筆してください。 (Portal:スタブ)