ファゴット

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ファゴット」の項目を執筆しています。
クラリネットじゃなくて?聞いた事の無い楽器だな」
ファゴット について、オスカー・ワイルド
「真似た上に最後までチョコが入っていないなど劣化コピーもいいとこであり、まことに遺憾」
ファゴット について、でロッテのトッポ

ファゴット(fagot)とは、英語において男性の同性愛を意味する単語である。また、それを起源に持つ楽器。ここでは後者を説明する。前者についてはホモを参照されたし。

楽器としてのファゴット[編集]

楽器のファゴットはその名の通り男性の同性愛を起源に持ち、他の楽器を差し置いて天空に高くそそり立つ姿は当然の事ながら元気いっぱいの男性のアンダーソンを模している。 またファゴットは編成において往々にして2本以上使われるが、それは複数の男性がうふふする姿を模している事は言うに及ばない事である。

ファゴットとバソン(バスーン)[編集]

ファゴットはバソンとも呼ばれるが、これは古代中国の武将である馬孫(ばそん bason)にちなんでいる。 そもそも馬孫と言う名は彼が生まれた際に父親が息子息子、つまり孫が馬並であった事を見て驚き命名したとされ、ファゴットとは一切関連性を持たないものであったが、代々伝わる馬孫の息子を描いたとされる絵があまりにも楽器のファゴットの姿に酷似していたため中国で始まった呼び方である。 また、日本に漢字の伝来と共にバソンという表現が伝わった際に、日本で著しくハッテンしていた擬音文化から、アレに際して発生する音との混同によりバスーンと呼ばれるようになった。 つまり、バスーンと呼ぶのは日本独特の表現であり、"I play the bassoon."などと言うと諸外国、特に英語圏で使うと馬鹿にされる為、積極的に自己紹介の際には"I play fagot."と表現するべきであるとの意向を日本政府も示している。

ウリナラ起源を主張するおフランスがバソンという言葉をフランス起源としているが、前述の事実は主観的に見て間違いの無い事であり、根も葉もない。

余談ではあるが日本を代表する同性愛者コンビ、とんねるず仮面ノリダーの世を忍ぶ仮の姿じゃない方が嫌いなものを当てあうというゲームの回答の際に「バスーン」と叫ぶのはこれによる。

なぜファゴットが居るのか[編集]

多くの音楽関係者が抱える悩みこそが、ファゴットが管弦楽や吹奏楽に参加しているという事である。 エレガントでメルフェンなのが大好きなバロック期、古典期の作曲家は視覚効果を狙い積極的にファゴットを楽器編成に組み込んだ。 しかし、基本的にはタチェット(楽団警備員)であるにも関わらず他の奏者と同額の給料を受け取っていたために、ロマン期に入り徐々にその働きが疑われ始め、終には追放運動までにハッテンした。 その結果、弦楽器(弾くフリをするだけで給料がもらえる事が問題となった)と共に管弦楽を追放され、吹奏楽が生まれた。

近年の同性愛者の人権保護運動により無理矢理管弦楽に返り咲いた上に弦楽器を差し置き吹奏楽にまで参加したが、今日日のナウなヤングにはバカウケするわけもなく完全に孤立しているタダ飯食らいとなっている。

ファゴットの愉快なお友達[編集]

  • コントラファゴット
耳では聞き取れない音を出す楽器。つまり、存在する意味は特に無い。
  • ロッテのトッポ
トッポはツンデレなので友達とは言わないが、正直うふふな仲である。
  • ごぼう
  • やまいも
  • バズーカ

関連項目[編集]

ファゴットの天敵
存在価値がファゴットと等しい、あるいはそれ以下の楽器
存在価値がファゴットと等しい人


この項目「ファゴット」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)