ファンサブ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

ファンサブとは、日本アメリカ合衆国に対して行っている文化侵略に対抗するため、有志によって配布されているプロパガンダ映像のことである。

概要[編集]

日本では、1970年代以降、マニア向けアニメーション作品が商業的に高い価値を持っていることが明らかとなり、国内のアニメーション産業が大きく活性化した。こうした産業が海外へ進出するようになるのにはそれほど時間はかからなかった。海外の有望な市場とされたアメリカ合衆国では、日本のアニメーションが多く輸入され、徐々に人々の間に浸透していった。

しかし、これを快く思わない人々もいた。彼らは日本のアニメーションの進出を日本によるアメリカへの文化侵略であると考えた。

当時、アメリカに輸出されていた日本のアニメーションは、アメリカ人の好みに合うように大幅な編集を加えられていた。編集でカットされた部分には暴力や流血、そして性的な場面があった。これらはアメリカでは子供の教育に悪影響であるとして忌避されるものである。日本のアニメーションのアメリカ進出に反対する人々はここに目をつけ、一切の修正を施していないアニメーションの映像を日本から入手し、英語字幕をつけたビデオを無料で日本のアニメーションを見る人々に配布し、日本人の野蛮性を宣伝した。このことに対する反響は非常に大きく、「無修正」への誘惑と相まってファンサブの流通量は見る見るうちに増加していった。ファンサブは、主にアメリカにまだ進出していないアニメーション作品について行われた。これは、将来その作品がアメリカに進出してきても人気にならないようにするための予防措置であった。

現代のファンサブ[編集]

2000年代になると日本のアニメーション市場が飽和し始め、更なる市場拡大を目指すアニメーション業界はますます海外への圧力を強めている。これに対抗すべく、ファンサブ作成者たちはインターネット、特にP2Pコミュニティーを用いた配布へと切り替えている。インターネット配布の利点は、安価で短時間に多くの人々に配布できることと、いつまでも配布できることである。さらに、従来、宣伝効果が薄いとしてファンサブの配布が行われていなかったアメリカ進出済み作品についても、配布が行われた。これにより、アメリカで日本のアニメーションで商売をしようとするものに大きな打撃を与えることに成功している。現在、ファンサブ作成者たちは、アメリカから全ての日本製アニメーションを排除すべく日々活動を行っている。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ファンサブ」の項目を執筆しています。