フェイント

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

フェイントとは、だれでも簡単に追いかける気があれば、できる運動方法。英語ではフェイクと言う。

概要[編集]

サッカーなどの球技などで、試合中までにも友好的有効的な練習を取り入れるために、開発された運動方法の一種である。古くから使われている手法であり、日々方法に磨き方をかけながら使われている。自分だけでもできないことは無いのでぜひやってみよう。

フェイントはの守備をくぐり抜けたりするためのテクニックであると思われがちである。これは、プロスポーツ選手がたくさんの選手を使ってフェイントをチーム一体で行っているため、普通に試合をしていると勘違いしてしまう為である。

基本的には一方の技術と同時にもう一方の下手さも求められる。一対一の勝負の場合、すぐに取られてしまうため、うまく運動が続かないのである。だからこそ、うまいスポーツ選手は貴重なのである。

主なフェイントの例[編集]

どれだけリアリティーを出せるかにかかっている。

どれでも[編集]

パス
基本的な運動の一種であるが、簡単に相手の移動を狙えるほか、味方も同時に運動ができる高めればものすごいことになるフェイントの一種である。たくさんのスポーツでできるため、便利なフェイントの一つ。

サッカー[編集]

基本的に全てドリブルと呼ばれるものである。

シザース
ボールをまたぎ、相手に左右の揺れを起こさせる運動方法。ディフェンスの方の体重が、シザースの動きにつられることで、激しい運動を可能とさせる。仕掛ける側のスピードも求められる。失敗すれば恥ずかしいこと間違いなし。
マシューズ
サー・スタンレー・マシューズも実践していた方法。ボールを出す方向とは逆の方にボールを蹴らずに踏み込み、逆の方にドリブルで突破するのが本来の正しい使い方とされているが、実際は前に急にを出して驚かせて後ろに下がる運動方法である。
ストップ・スタート
ボールを足で止め、相手が止まったスキに飛び出すフェイント。簡単にできるが、普通に取られて終わる。
クライフターン
ヨハン・クライフこの運動方法だけで有名になったと言っても過言ではない。どちらかの足を軸にして逆の足で後ろから蹴り出すフェイントだが、わざわざ相手に取りにこさせる運動が気軽に仕掛けられるので、やってみるといい。
ボディフェイント
体を動かすだけの糞運動。役に立たない。
エラシコ
アウトサイドキックで軽く蹴ってボールを出し、すかさずインサイドキックでさっき蹴った方とは逆方向に蹴る。ロナウジーニョがいつもこれで運動しているということで、ブラジルで人気を呼んでいる。
マルセイユ・ルーレット
マルセイユで行われていたかどうかは不明だが、カッコつけたハゲが頑張って生み出したフェイント。しかし、予測不能な謎の動きをするため、逆に相手は動けず運動できない。
この項目「フェイント」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)