フェルディナン・ド・ソシュール

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「フェルディナン・ド・ソシュール」の項目を執筆しています。

フェルディナン・ド・ソシュール(1857年11月26日 - 1913年2月22日)はスイスの言語学者。偉大なる言語学者であり、若いころより言語学を志していた。在学中、不遇を受けたことが、彼の主な行動原理である。

通じ言語学と興じ言語学[編集]

ソシュールは言語学を通じ言語学興じ言語学に二分した。従来なされていた言語学の研究を通じ言語学とし、「排便」を意味する。それに対し、ソシュールの研究理論である言語の興じ的(卑猥的、性的)な構造を重視したことで知られる。すなわち、それまでのように言語の起源や歴史的推移やその正当性など小難しいことを考えることを排便と批判し、中学生が性的好奇心で引くような卑猥な言葉にも(興じ)目を向けようと提唱したのである。 これらの述語は、頭の固い文法家達には黙殺され、破廉恥極まりないと大批判を受けた。しかしその一方で、中学生時代、やってはいけないと知りつつも辞書でseの項目を開き遂には(慎重に周囲を見渡しつつ)se-xの項目に辿り着いた、若き日のあの心を失わない若者たちによって支持された。

ラングとパロールとランガージュ[編集]

ラングとはランニングの略である。パロールとはパトロールの略である。ランガージュとはランガーディアンの訛りである。

言語は恣意的である[編集]

言語に必然性はない、ということである。例えば男性器はドイツ語では「penis」である。フランス語では「pénis」である。日本語では「チンコ」である。このように同じ男性器を示しているのに、その形態や音声は全く異なる。つまり男性器は「penis」である必然性もないし「チンコ」である必然性もない。これは言語が恣意的だからである。 従来、ラテン語やギリシャ語を元としていたインド・ヨーロッパ語族はその形態が近いため、すべての言語がその形式であるのには必然性があると考えられていた。 言語恣意性の指摘は凝り固まった文法家に対する痛烈な批判である。 当然、受け入れられることはなかったが、前述したように中学時代、やってはいけないと知りつつも辞書でseの項目を開き遂には(慎重に周囲を見渡しつつ)se-xの項目に辿り着いた、若き日のあの心を失わない若者たちは、それを支持し、ソシュールを神格化した。ついにはいくつかの学派を作るにいたった。そして彼らは「ではフランス語とドイツ語とロシア語で、女性器は何というのだろう、あるいは遥か東の国、中国ではどうなのだろう」という疑問を当然抱き、言語学の発展に貢献した。

シーニュ、シニフィアンとシニフィエ[編集]

テイルズシリーズの作品名である。テイルズ・オブ・シーニュ。テイルズ・オブ・シニフィアン。テイルズオブ。シニフィエ。言語学とは一切関係がない。

二重節分[編集]

二重に行われる節分の事。 バレンタインデーなどに比べ、商業的盛り上がりに欠ける節分をどうにか商業的に盛り上がらせようとして、アメリカの大豆農園の方々が考えた商業的戦略である。 発想自体は単純である。つまり二重の節分は、二重だから、二重だ。

いわゆる記号論について[編集]

ソシュールの指摘によって、恣意的な関係性が、言語学の分野において指摘されたことをきっかけとして、同様の恣意性が、言語に限らず様々な象徴や指標でも見出されることが、ヨーロッパの人々にも、遅ればせながら意識されるようになった。恣意性は、言語に関する理論にとどまらず、他の論者・評論家たちによっても類推・拡張的に利用され、次第に記号論あるいは記号学と呼ばれる一連の論・評論へと発展してゆくことになった。 具体例を挙げるとツンデレである。ツンデレは必然的か恣意的か。これは、ソシュールの意志を継いだバイイらによって展開された大議論が存在する。結論に至るに及ばなかったが、その議論は喧々諤々、現代でもなされており、人類史上難解な命題な一つとされている。言語学者、文化人類学者、哲学者などにとどまらず2chネラー引きこもりVIPPERなどによっても熱い議論が、主に某巨大電子掲示板(2ちゃんねる)でなされている。