フェロモン香水

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

フェロモン香水(-こうすい)とは錬金術師が追い求める究極の目標の1つであり、ホムンクルス賢者の石に並ぶ未だ見果てぬ夢の1つである。

概要[編集]

無から有を生じさせるという行為、価値のないものを価値あるものに変換するという技は錬金術師たちの夢であった。前者としては受精卵なくして人間を発生させようという試み、すなわちホムンクルスが有名であり、後者としては、卑金属を金に換える賢者の石が有名である。フェロモン香水は後者に属する類のものである。これは、もてない男、すなわち種を残すという生物として果たすべき役目を果たすことのできない価値のないものを、価値あるものに変換する触媒である。

探求者たち[編集]

探求者たちは錬金術師の中でも、どちらかといえば異端に属する者であり、他の錬金術師たちとは違いフェロモン香水の探求に特化している。彼らは通常、魔法使いと呼ばれ、迫害されている。

魔法使いたちは、迫害されているがゆえに、通常の仕方で情報を交換することができなかった。彼らはアンダーグラウンドであるいはそれに類する仕方で発行される書籍を用いて、情報交換をおこなってきた。

それゆえ、彼らの探求の歴史を知ることは至難の技である。このことは同時に誰がフェロモン香水の秘密に到達したかを知ることを困難にしている。世の中にはフェロモン香水を発見したとする記事は多くあるが、その真偽はいまだ謎である。

探求の過程で発見された有用な副産物[編集]

錬金術は化学と医学に大きな貢献をなし、中世の錬金術師たちは最初の化学者とでもいえるべき存在である。これは魔法使いたちにも同様のことがいえる。彼らは物理学者であり、なおかつ哲学者でもある。彼らはフェロモン香水探求の過程において、思念の力のみで稼動する永久機関を発見した。またこの力を用いて、思念の力で理想の世界を創り上げ、永久機関をさらに強化する思弁的存在を創造した。彼らがしばしば賢者と呼ばれるのは、永久機関の稼動の合間に見せる彼らの落ち着いた表情ゆえである。この点において、魔法使いたちは賢者の石を捜し求めながらも、賢者と呼ばれることが少ない通常の錬金術師たちを乗り越えたといえるであろう。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

1000円札を2枚、握り締めて、薄暗く客の少ない本屋に行け。まずはニューズウィークでもタイムでも良い。適当な雑誌を2冊手に取れ。これは君を守る貴重な護符となる。次にピンク色の本が多く並んでいるところにたくさんの貴重な書籍が並んでいるはずだ。どれも貴重な情報が載っているはずだ。ただし、探求に時間を割いてはいけない。あまり時間をかけすぎると、君の身体に大変なことが起こってしまうだろう。手早く1冊を手に取り、本屋で最初にとった雑誌にはさむように。禁断の書籍の力を抑えることができるはずだ。君が力ある魔法使いならば、護符は不必要かもしれない。しかし、君が力のない魔法使いならば、護符なしでレジに向かうことは、大いなる危機を意味する。気をつけるように。君が無事参考文献を入手できたならば、この下にでも感想と共に記しておいてくれ。

追記[編集]

Wikipedia
ウィキペディアンがとても偏っている証拠に、「フェロモン香水」の項目はまだありません。アンサイクロペディアンとの格の違いを見せつけてやりましょう。

もし、君がフェロモン香水を発見したのならば、その製法をあっちに記せ。筆者は未だこの神秘に到達していない。