ボロクソバーゲン・ボロ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
このフォルクスワーゲン・ポロは一応馬鹿にはなっていますが、文章構成など変なところがたくさんあります。
早くりっぱな馬鹿にしちゃってください。
この記事には冗長性が不足しています。
改善には十分なメモリーとブロードバンド回線と大きなディスプレイが必要です。
アンサイクロペディア法
を熟読した上で、分量を増やして下さい。

フォルクス・ワーゲン ボロポロとは、ドイツの爆笑カーメーカーであるヴォルクスヴァーゲンが市場からVitzを追い出すために開発・製造・販売する爆笑カーである。

概要[編集]

詳しいことはウィキペディアを参照してほしいが、要するにこれは小さなフォルクスワーゲン・ゴルフであり、形状はメルセデス・ベンツ Aクラスと相似で、ハチロクと合同な三角形自動車が初代である。そのユーザーの60%以上はニューハーフであり、その微妙な層に向けて開発されてきたが、GTIだけ別格である。全代において先代よりも爆笑すべきピザになって発売されており、現在のサイズはフォルクスワーゲン・ゴルフII並のサイズを誇り、その性能もそれに準ずる爆笑ものである。

初代(86型)[編集]

VWpolo1977.jpg

19751983年に発売され、日本では莫大な支持を集めた日本で最高にして最後のFR小型スポーツであり、その人気は某漫画の大流行により再起され、ボロボロのこの車のまた、高騰に続く高騰で200万円越えを果たしたものも存在するのだとか。次期型が発売されると同時に中古車物件が干上がり、中古車市場に爆笑できるほどの92のレビトレ現行型があふれた。

なお、この車の人気が高すぎるため、スペシャルティカーの良さを知る50代男性たちに売りつけられている。そして現在は、爆笑レベルの暴利を得るために富士重とともに、インプレッサwをベースにしたトヨタ・FT-86を爆笑開発中である。なお、販売店はDUOではなく、ロゴが一新されさらに地味になったTOYOTA店で販売される。ネッツじゃないのがカニみそなんです。

詳しくはトヨタ・AE86を参照するか、ロゴが一新されさらに地味になったTOYOTA店でお尋ねください。

2代目(86C型)[編集]

社検証ではAE92だが、表記の都合で、86C型となっている。上記では3ドアハッチバックだったものを型式にCが付くだけにクーペに仕上げたものである。小さい割に5人乗れるとされているが、実際は3人未満が限界で、それ以上乗せるとエンジンのパワーも限界である。

また、いっせつによるとCConceptの省略という説があり、実は2代目は一般向けに販売されていなかった、という説も存在する。

また、いっせつによるとCCobitoの省略という説があり、実は3人乗れる大人と言うのは爆笑チョウセンヒトモドキ等は搭乗できないという説も存在する。

また、いっせつによるとCCorollaの省略という説があり、本当にハチロクレビンだったのではないかという説も存在する。

また、いっせつによるとCChinaの省略という説があり、実は中国でしか販売されていないうえ、現在も2代目が中国の大地戦地戦車として爆笑走行中という説も存在する。

モデルチェンジ後の中国製スープラポロ?。
ちなみに車名は漢字に変更されている。

また、いっせつによるとCCopenの省略という説があり、実はダイハツフォルクスワーゲンのコピー車を開発して大ヒットを爆笑かましてしまったという説も存在する。

また、いっせつによるとCコピー車の省略という説があり、実は平和自動車の車両のコピー車であるという説も存在する。

3代目(AE1016N型)[編集]

バブルのあおりでレビトレピッツァになってしまった仲、こちらも300kt脂肪が増えて、多少現代的流線型に近づいた。このころ良くわからないセンスのチェック柄のスポーツシートを搭載した4A-GE搭載のGT-APEXGTIが発表され、GT-APEXと勘違いされて中古車爆笑市場が干上がった。1.6L連続うんチャラ関チャラエンジンが搭載され、世界最高のホットハッチとなりそうであったが、FFだったため残念ながらだめだったが、それなりに数が売れたようなのでVWとしては問題がないようである。

また、3代目ではトヨタ自動車ヴォルクスヴァーゲンにとって難しいモデルであり、社長が言うには「1代目と2代目の伝統を受け継ぎながら新たな流れを作るのが難しい」とのこと。

4代目(AE1119N型)[編集]

VWbrokenpolo.jpg

クロスポロなんていう車両が登場したためにスバル・インプレッサXVというクロスオーバーモデルをラインナップしなければならなくなったという事実があるが、そんなものは微笑むプレミアム である。このから横滑り防止装置が全車に爆笑装着され、爆笑しながら走ってもちゃんと曲がれるようになった。

また、2代目から続くコピー車体質のため、中国の皆様もお怒りになってしまうのである。


5代目(NZE1216R型)[編集]

先代より60kgほどダイエットに成功した上、超環境対応型ノンオイルエンジン1.2TSIという爆笑エンジンを搭載し、新潟県でよくみかけられるポルシェの一種も驚くほどの素晴らしい低燃費をはじきだす。それに負けじとトヨタもSmart Stopというアイドリングシステムを打ち出し田植えたうえに、エンジンを小さくして過給するというどこかで聞き覚えのあるエンジンの計画を打ち出し、なぜかアルファードからそのエンジンを搭載する予定である。

6代目[編集]

VW FT86.jpg

詳しくはフォルクスワーゲンの未来の車種をご覧ください。

世間の意見[編集]

「絶望した!フォルクスワーゲン・ポロの実燃費に絶望した!」
フォルクスワーゲン・ポロ について、糸色望
「こりゃいい。」
フォルクスワーゲン・ポロ について、豊田章男

なんだかいい評判のようだ。トヨタには悪いがこの車に乗らせてもらおう。おやこんな時間に誰か来たようだ…

競合車種[編集]

近年ではファーストリテーリングなどのファッション業界からの競合車種の販売がおこなわれており、ファストファッションカー業界では現在ユニクロがポロシャツの販売ではトップを独走している状況である。また、一番の有名どころではやはりラルフローレンのポロシャツである。

また、昨年はポロシャツ業界最大手となったファーストリテーリングとのコラボレーションを果たし、「ポロシャツ」を発売し、プリメーラwが大好きな某ゲームが大好きな少年たちに大量に売り付け、たくさんの損益利益を得た。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「フォルクスワーゲン・ポロ」の項目を執筆しています。


ペダルが引っ掛かります この「フォルクスワーゲン・ポロ」は、リコールのDMが届いていますアクセルペダルの交換をして下さるディーラーを求めています。 (Portal:スタブ)