フルート

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「フルート」の項目を執筆しています。

フルート(英:flute、通称fl)とは、金属製の小型兵器である。

概要[編集]

細長い金属製の機体に複数の孔と、タンポと呼ばれる弁を持ち、キイという小さな部品により操作する(後述)。紀元は4万年前に遡り、その頃にはすでに原型が発明されていた。ただしその頃は木製で、威力はあまり無かった。そして、金属製への改良により、脅威的な威力を誇る兵器としての地位を確立してきたが、兵器であることを隠蔽するため、演奏用の管楽器としても使えるように、ベーム氏により改良された。これが今日よく使われているコンサート・フルートである。なお、ウィキペディアではフルートが兵器であることを公式に伏せている。

楽器としてのフルート(ウィキペディアの主張)[編集]

楽器としてのフルート(コンサート・フルート)は、リードを持たないエアリード楽器である。唄口からの空気の振動により音を鳴らし、孔を開閉させて音色を変える。金属製(ピッコロを除く)ではあるが、木管楽器に分類される。また、息の速さを変えることにより、倍音を出すことも可能である。

……というのがこれまで教えられてきた内容であるが、真実は以下の通りである。

兵器としてのフルート[編集]

小型ながら、非常に絶大な威力を誇る兵器である。固く丈夫な機体を棍棒として用いることもできるが、最大の持ち味は、高周波の音波による攻撃である。フルートは唄口と呼ばれる穴に息を吹き込むと、それにより生じる振動で、高音かつ鋭い音を出すことができる。また、各所に空けられた孔を開閉させて、威力を調節することができる。最高レベルの音波であれば、音に換算して、中央ドの音の3オクターヴ上の音波を出すことができ、それを聞いた人間はたちまち耳をやられてしまう。 しかし、息を大量に吹き込まないと、まともに攻撃さえできないので、肺活量が問われるという課題もある。

ちなみに、他の攻撃方法として、音の出る穴に鋭いものを入れ、息を入れて飛ばすというものがある。演奏の最中でも攻撃できるため、アメリカあるアニメで使われた。

材質[編集]

フルートはより攻撃力を高めるために、単なる金属ではなく、金や銀などの貴金属が使われることが多い。挙げ句の果てに宝石まで使うこともあるが、そのせいか小型であるのに高価で、容易に手に入るものではない。ただし、近年では手軽に入手できるプラスチック製が開発されたが、攻撃能力の低さが問題となっている。

フルートの種類[編集]

ピッコロ(FL-01)[編集]

ドラゴンボールの某キャラが使ったとか使ってないとか。フルート種のなかでは最高音を出すことができ、音波攻撃においては史上最強と言われる。ただし、演奏用にする際木製にしてしまったので、威力が下がってしまった。

ソプラノフルート(FL-02)[編集]

今日においてフルートと言われると、この種を指すことが多い。威力はピッコロに劣るが、ほどよいサイズで持ちやすく、いざという時に攻撃できる利便性を持つ。また、ピッコロより音域が広く、戦場における様々な場面で使用できるようになっている。

アルトフルート(FL-03)[編集]

ソプラノよりも長く、低音域を出すことができる。音色は甘味で、敵を惑わしたり、気を緩ますことができる。

バスフルート(FL-04)[編集]

種のなかで唯一機体が折れ曲がった種。太く、さらに長い機体が特徴。音色はもやもやとしていて、音波による攻撃には劣るが、太い機体は棍棒による攻撃に最適である。

関連項目[編集]


この項目「フルート」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)