フロントミッション

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「フロントミッション」の項目を執筆しています。

フロントミッションとは、陸上自衛隊がかつて導入していた指揮官養成戦術プログラムのことである。防衛省内部での正式な名称は小隊戦術訓練演算装置である。

概要[編集]

自衛隊の指揮官養成は、旧軍のやり方を踏襲し将棋で行ってきたが、それではさすがにナウなヤングの心を掴み切れないと感じた官僚達により、作成を依頼されたSE社が完成させた前線指揮官の訓練に使用する為の訓練プログラムでもあり、それに登場する機体、通称ヴァンツァー(正式名称ヴァンダー・パンツァー)もしくは大型機動兵器を操縦する戦闘・指揮シミュレーターである。

試験的導入[編集]

効果[編集]

暫定的に導入したところ、以下のような効果が認められた。

  • 火器を両手に持ち、交互に発射する
  • 機銃の発射数が増す
  • 標的の四肢を狙って射撃を行う
  • 徒手格闘で連撃を繰り出す

弊害[編集]

難易度が高い物になると敵の脳みそマニアや遺伝子強化人間により部下もしくは自分が、容赦無く蜂の巣にされるという過酷な状況を経験する。手足をもがれて弄り殺される、指揮官が裏切る、民間人に命を狙われる、恋人が生体コンピュータにされる、その生体コンピュータの性能が良いので使わざるを得ないなど与えられる状況があまりにも残酷で、トラウマとなり復帰できなくなった士官も多く退役する者が激増した。また自衛隊はゴジラ等の怪獣の駆除を行うが、このプログラムには怪獣らしき敵が見られない為、一部の隊員には不評となったが、バージョン5において怪獣に近い機体が出現し、不評を漏らした一部の兵士の度肝を抜いた。

戦闘スタイル[編集]

このシミュレーターの機能の一つとして、戦闘時の行動や装備等によって戦闘スタイルが組み上げられると言うプログラムがある 例ライフル持って、狙撃ばっかししてた→スナイパー・・・という具合。

  • アサルト:近接銃撃戦に強いスタイル。
  • ストライカー:格闘戦に強いスタイル。
  • ミサイラー:ミサイルやロケットを使用した遠距離戦に特化したスタイル・・・
  • スナイパー:ライフルを使った狙撃が得意・・・空気になりやすいけど・・・
  • メカニック:リベアバックパックを装備した機体で味方の援護をするスタイル。サカタハルミジャン←こら!!
  • レコン:センサーバックパックやラジオバックパックで味方の援護を行うスタイル。
  • ガンナー:バズーカとかでてきをなぎ倒してゆくスタイル。通ったあとにはペンペン草すら生えないって本当ですか?

トライアルの結果[編集]

近年の自衛隊では、陸・海・空の連携を重視する為、様々な機体が登場するSRWSC総合戦術指南システムにトライアルで敗北したが、機体のカスタマイズ性やバックパック「ラジオ」を使う航空支援等のリアルな戦場にいる感じではフロントミッションが勝利した。

  • FMは与えられる状況が酷でになりやすいが、SRWは燃える状況が多い(注:逆の場合もある)
  • FMでは意思疎通のインターフェイスが英語(一部日本語)だが、SRWでは日本語(一部他星の言葉が入る程度)
  • FMでは私語厳禁(ただし連携攻撃時のみしゃべるやつがいる)だが、SRWでは気合を入れるため突撃時に叫んでも良い

関連項目[編集]


Suge-dogeza 5 thumb.jpg このフロントミッション任天堂からの反発が厳しく、このままではスクウェアとエニックスが合併することによってエニックスサイドが任天堂に嫌われてしまう可能性があります。デジキューブ代表として土下座してくださる度量のある方をお待ちしております。 (Portal:スタブ)