フードサディズム

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「フードサディズム」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「フードファディズム」の項目を執筆しています。

フードサディズム(food sadism)とは、特定の食品を勧めることによって加虐嗜好を満たす行為、またはその嗜好のこと。加虐勧食嗜好とも言う。

もともと地域の伝統食や保存食などには、特有の臭気があったり、見た目が食品に見えないようなものも多数存在する。そうした食品を不慣れな人間に、「美味しいから」と言って食べさせる行為がフードサディズムにあたるとされる。フードサディズムの対象となりやすい主なものは納豆鮒寿司ザザ虫の佃煮など様々である。

起源[編集]

日本に「フードサディズム」という概念を紹介したのは、食品安全委員会の特定食品評価専門調査委員会委員であり、「納豆を忌避する会」のメンバーともされる関西民明学院大学準教授の大河内民子である。彼女は1997年発行、民明書房刊の『食と性と』の一節に、関西以西の人間に納豆を勧めることはすでにサディズムである、と持論を展開している。これに対し、水戸水平大学教授の内藤水平は1998年3月発行の農林水産省の機関誌『特定食品ジャーナル』において、不慣れな人に鮒寿司を勧めることはサディズムにあたらないのであろうか、と大河内を批判している。その後、長野のザザ虫の佃煮や蜂の子など様々な珍味や地域特有の食材について、慣れていない人に無理に勧める行為は、フードサディズムという概念で一括りにされ議論されている。

フードサディズムの背景[編集]

もともとは日本古来の食生活に起源を求める説が、人為旧石器文化研究所の藤村新二によって提唱されている。藤村によれば、口噛み酒のように、他人の口で噛み潰された米汁をすすることがすでにフードサディズムの原点にあるという。近代の衛生教育を受けた人間であっても、母親の手で握られたおにぎりや職人の素手で握った寿司、女王様の黄金水などを好むのはそうした文化的背景のためだと指摘している。

また、戦後の給食制度に問題があるとする説を唱えているのは、ハルバード大学などで戦後史を教えている小野振降である。戦後の給食制度はアメリカによる洗脳教育であり、アメリカ提供の小麦を用いて作られたパンやアメリカ資本によって作られた食料を残すことは禁忌として避けられた。そのため脱脂粉乳などまずい給食であっても教育の名の下に無理矢理食べさせたことは(あまつさえ給食時間が終わっても、昼休みの間中食べることを強要されたのは)まさにフードサディズムであり、フードファシズムとさえ呼べるのではないか、と主張している。

近代の健康食品ブームにその背景があるとする説も根強く、健康へ貢献する食品を勧めることによって得られる対価を主な目的とするフードサディズムがあるという説が複数の研究者から提唱されている。しかしこれらは食べることではなく売ることに焦点が移っている時点でフードファンダリズムというべきではないか、など議論は分かれている。

問題点[編集]

こうしたフードサディズムは成長段階の健全な心身に大きなトラウマを与え、逆にジャンクフードに溺れるような反動形成を生み出すという懸念があるために、注意が必要とされている。しかし、栄養の偏りを防ぐためには、子供が嫌う食品でも食べさせなければならず、好き嫌いを放置してよいというわけではない、という意見も頻繁に見られる。

主な事例[編集]

SMとしてのフードサディズム[編集]

本物のサディストは、このフードサディズムという言葉をよい意味に再定義した上で、積極的にプレイに取り入れている。以下のような事例が報告されている。

  • ワサビを食べさせ、鼻をツーンとさせる。
  • コショウをふりかけ、くしゃみをさせる。
  • 相手の目の前でタマネギを切り、無理やり泣かせる。
  • イチジクの汁やトロロを素肌に塗りつけ、痒みを生じさせる。
  • 女体盛り
  • 敏感な箇所にミルクを塗り、になめさせてくすぐったがらせる。塗る際にも筆を用いると刺激が二重となり効果的である。

微妙に本来のフードサディズムと変わらないような気もするが、萌えるか萌えないかが最大の相異である。可愛い女の子が不味いものを食べさせられてをウルウルさせている様を想像してみなさい。

関連項目[編集]