ブガッティ・ヴェイロン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

ブガッティ・ヴェイロン(Bugatti Veyron 16.4)とは、ブガッティ・オトモビルがかつて開発・製造・販売していた気違いによる気違いのための気違いスーパーカーのことである。

先代は気違いに及ばなかったブガッティ・EB110である。

何故この車は気違いなのか[編集]

Veyron1812.jpg
世田谷区在住、匿名希望のベイロンオーナー
Bugatti veyron preview.jpg
Bugatti-veyron-big.jpg
Bugatti Veyron.jpg

気違いなこの車のスピードは407キロまで出るため、常人では到底扱えない。その為、黄色い救急車で精神科まで搬送された経験がある気違いしか買えず、開発者も全員黄色い救急車で精神科まで搬送されたことがある気違いしかいない。この車に乗ったものは皆スピード中毒に陥り、常人に戻ることはなく、気違いの仲間入りをすることとなる。

気違いなスペック[編集]

  • エンジン:発狂した気違い共によって製造されたトチ狂った8,0リッターwwwwwwwwwwwwwwww(W16)気筒DOHC64バルブ4ターボ
  • トランスミッション:気違いが発狂しながら製造した「DSG」と呼ばれる7速「セミ」オートマチックトランスミッション。頭をおかしくしそうなその内部には、セミが500匹入っていて、セミたちの判断もしくはオーナーの指令でシフトチェンジする。気違いが発狂しながら製造したにもかかわらず10年は持つらしい。クラッチペダルというものが存在しないのでお間抜けなオートマチック限定免許でも乗れるが、乗った時点で気違いに認定されるので誰も乗らないだろう。
  • 気違いな最高速度:普通ならたったの370km/hまでしか出ないが、一旦エンジンを止めてキーを普段よりひねったあと、「トランザム!!!!!!!」と叫びながらどっかのボタンを押したあと、ただアクセルをベタ踏みして気違いみたいに「POWWWWWEEEEEEEEEEEEEEEERRRRRRR!!!!!!」と叫ぶだけできちんと407km/hまで出ます。
  • 気違いじみた加速:0-100km/hが2.5秒、0-200km/hは7.5秒、そして0-300km/hは16.7秒。
  • 気違いじみたブレーキ:強力なセラミックブレーキによって100-0km/hは2.3秒。さらに220km/hより速い速度からのブレーキにはエアブレーキも使われる。その結果400-0km/hが10秒以内という殺人的な制動性能を手に入れた。
  • 気違いじみた燃費:(407km/h走行時)0,8km/l
  • 知ったら気が狂いそう気違いみたいなオイル容量:23l
  • サーキットを走るときピョコピョコ動く姿がかわいいヴェイロンのリアウィング。角度を割り出すために搭載されるセンサーの気違いじみた反応速度は0.000000000001秒(1ピコ秒)単位。

気違い・ヴェイロン 16.4グランスポーツ[編集]

タルガトップで内装が豪華なPOWWWWWEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEERRRRRRRR!!!!カー! スペックは同じだがオープンカー。あと、フル加速時の航続可能距離はたったの80キロと気違いじみて短いとプリウスは発言した。

King of 気違い・ヴェイロン 16.4スーパースポーツ[編集]

アメリカのシェルビーに"市販車最速"の称号を奪われてブガッティのドイツ人技術者が更に発狂した結果、"市販車最速"の称号を奪還するためだけに昔のEB110のSSを復活させて30台だけ製造されたのが、ヴェイロン 16.4スーパースポーツ(以下「16.4スーパースポーツ」)である。この車は更にスピードに狂い、エンジンは重傷の気違いによってチューニングされて最高出力は1200ps、最大トルクは153.0kg-mを誇る。ボディや足回りにも手が加えられ、400km/hでの走行でも気が狂ったかのごとくより安定するようになった。2度計測した結果、平均値431.072km/hを達成してギネス記録を更新した。が、残念ながら市販車では415km/hでスピードリミッターが作動する。そこまで出してようやく作動するのは、明らかに気違いじみている。ブガッティの技術者の気の狂い様は尋常じゃなかったらしく、トップ・ギアPower Lapsでも最速の称号を手にした事からもわかるように、16.4スーパースポーツは直線だけでなく勢い余ってコーナーでも速く走れるようになっている。

1982年式の三菱・ミラージュがこの気違いヴェイロンよりも優れているのか?[編集]

たぶんどっちもどっちであろう。 確かに走りではヴェイロンである。0-100km/hだとヴェイロンは0.00000(ry(トランザムスイッチを押すと)という非常に良い加速力だが反対に、ミラージュは26年4ヶ月20日9時間34分42秒12なので加速力では論外レベルの遅さである。 しかし、エンジンに関してはと言うとヴェイロンは1001馬力で、なぜか豪華な作りになってる。実態はただ単に燃費が悪いだけという罠である。それに対してミラージュは0.1猫力で1気筒375ミリリットルというとても環境に良いものである。シリンダーがペプシの古いコーラであるがそこはお察し下さい

また、ヴェイロンは1880kgなので重すぎるがミラージュは1000gという軽量な車なのでミラージュが環境に良い事がとても分かる。英語が読める人は[1]で詳しいことが分かるよ。

気違いヴェイロンの終焉[編集]

ブガッティの親会社であるフォルクスワーゲン気違いの高みを目指すため、後継車のシロンの開発を決定し、2015年にヴェイロンの生産を終了した。しかし、ヴェイロン以上に気違いじみた1500馬力を誇るシロンは420km/hで作動するスピードリミッターを装備している。これは、ヴェイロン以上に気違いな速度に耐えうる気違いなタイヤを作れる専門の気違いを市販までに探し出せなかったという、気違いじみた事態に陥ってた為である。2019年になってようやく気違いなタイヤを作れる気違い気違いな速度に耐えられる気違いなドライバーを探し出す事に成功し、無事490.48km/hというただでさえ気違いじみた最高速度を市販車で叩き出すという気違いとしか言いようがない所業を成し遂げた。

気違いな関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ブガッティ・ヴェイロン」の項目を執筆しています。
4370 large.jpg この「ブガッティ・ヴェイロン」は、マイナーチェンジの案が出ています。マイナーチェンジして下さる協力者を求めています。 (Portal:スタブ)