ブルカ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
女性専用記事
Ladies Only
注意

この記事は終日女性専用となります。小学生以下のお子様(精神年齢換算不可)、身体の不自由な方および介助者の方以外の男性の方は他の記事へお回りになるか、女装での閲覧・執筆をご協力お願いいたします。

ブルカ(Burqu、برقع)とは、アラブ女性のファッションである。

概要[編集]

女性の全身を一枚の布で覆うような構造をしており、当然その容姿の一切が隠れてしまうため、フェミニストから「アラブ女性の抑圧にして差別の象徴」という批判がなされているが、それは全くの見当違いであると言うほかない。正直なところ、ブルカの着用についてはアラブの男性も女性も、それぞれの都合や利害関係、いわゆる大人の事情をもって支持しているのである。

男の事情[編集]

こんなでも、隠せば少しは興奮できるかも知れない。

全身が見えないということは、同時に全身を「想像できる」ことを意味しており、身長とゆるやかなシルエット、会話の声と時折りのぞく[1]だけでどんな女性かを想像するのがアラブの男性にとって密かな娯楽の一つとなっており、また、隠すからエロく感じるアダルト心理を利用することで、仕方なしに結婚[2]した古女房の肥満体でもまでにはどうにか興奮させることが出来るため、辛うじて浮気[3]に走ることなく色々な意味で頑張ること(セックスとか)が出来るのである。

女の事情[編集]

全身が見えないということは、すなわち「その下はどんな格好でも自由」であることを意味しているため、服を着ていているかいないか、ぱんつはいているかはいてないか、その一切が文字通り自由であるということである。となれば、どうせ誰も見ていないのをいいことにその服装がどんどんラフに、あるいは文字通り裸婦であることを選ぶ女性がいたとしても、やっぱり誰もわからない。そのため、ブルカは簡単よ=楽チンなのである。

機能[編集]

中は(案外)涼しいのだ。

砂漠地帯の服装は概ねそうなのであるが、気温が人体の適応を絶するような環境においてはなるべく外気を遮断した方が、昼は(比較的)涼しく[4]、夜は温かい[5]ためむしろ合理的であり、見た目の怪しさとむさ苦しさを気にしなければ、灼熱の大地に生きるアラブの民の知恵の結晶とも言える生活文化の一つであり、つまり要するに「フェミが四の五の理屈並べてないで一度着てみろって。砂漠ではこれが一番快適なんだから。迷わずブルカ。着ればわかるさ」という事なのである。

脚注[編集]

  1. ^ 完全に見えない種類のものもある。
  2. ^ イスラム社会における結婚は、大抵がお見合いである。
  3. ^ イスラム法によると、浮気は問答無用で死刑である。
  4. ^ 外気が約40~50℃に対して服の中が体温≒約36℃と考えると、5~10℃も涼しい計算になる。
  5. ^ 外気が約-20~5℃に対して服の中が体温≒36℃と考えると、それがどれだけ温かいか、もはや論ずるまでもない。

ブルカの[編集]

Mikuru Asahina.jpg
ごめんなさい。ごめんなさい。
この時代ではお伝えできない事実が含まれていたため、対象箇所は消去しました。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ブルカ」の項目を執筆しています。