プライバシー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情錆びないユーモアが必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。

プライバシーとは、売買契約で取引される商品の一。

「プライバシー?なにそれ、おいしいの?」
プライバシー について、FRIDAY
「プライバシー?なにそれ、おいしいの?
プライバシー について、柳田理科雄

概要[編集]

一個人の情報、つまりプライバシーは、経済活動を活発にする潤滑油であることは社会的常識である。このため、どれだけ多くのプライバシーを入手したかは、社会でどれだけ有利であるかを計る物差しとして用いられている。それゆえプライバシーの価格は高騰しやすく、常に注目を集めているマーケットとなっている。

プライバシー市場はかつて「情報屋」と呼ばれる極少数名の業者が牛耳っていたが、現在はインターネットによって情報の流通ルートが大幅に増え、業者の新規参入が相次いでいる。またフラッシュメモリなどのメディアが登場したことにより、大量の情報を簡単に素早く取り扱えるようになった。なお、コンピュータ処理能力の発達や相互監視システムが業界内にも広がったことで、時折虚偽の事実を流していた情報屋が生き残ることは大変厳しくなっている。

流通ルート[編集]

プライバシーの流通にとって最も幸運だったのは、労働意欲の無い世代の登場である。なんとなく入社してしまったため企業の方針(目的、コンプライアンスなど)にあまり従順でなく、できれば簡単に大金を得て自由な暮らしをしたい彼らにとって、プライバシービジネスは魅力的だったのである。

メジャーな方法として以下のようなものがある。

顧客リストをフラッシュメモリに入れて渡す、あるいはどこかに放置する
企業のプロテクションの程度にもよるが、コピー権限を得るほどの実績や演技力があれば平易な方法である。
ファイル共有ソフトを用いる
プライバシーのインストールされたパソコンに買い手を呼び込む方法である。相手に商品が渡ったかどうかが不明であるため、売上金の回収方法についてなど厳密に規定された契約書が求められる。また、予期せぬ相手に商品を渡してしまったりすることがある。
名簿業者
これが実に厄介な奴らである。過去の教育機関の名簿や「オークションサイト」の発送先住所を売る事で小遣い稼ぎをする者も世の中にはいる。
転売の落札は特に注意が必要であり、出品者は落札者の住所・氏名・電話番号を名簿業者へ売った後にそのアカウントIDを削除する。これで規約違反の前に逃げてしまうと言う手口。
この業者に情報を掴まされると一業者が閉鎖されても良い様に裏ルートで同業者へも伝わるために、削除はまず出来ない。
それによる誹謗中傷を言う裏サイト(大体は海外サーバー)もあるために同様なイタチゴッコとなる。
SNS
自ら進んでプライバシーを公表してしまっている。
もはや、炎上するネタが多くなってしまっているので、やらないか完全削除退会する方が賢明と言える。
まあ、著名人は有名税を払う事にもなる。
同人誌
2000年ぐらいまでは住所明記が多く、先述の名簿業者に売られる事もある。
また、一部の作家の黒歴史を自ら出版している事にもなる。
そのせいで2ちゃんねる系な掲示板のネタにされることがあるが、やりすぎると誹謗中傷になると裁判になるから気を付けよう。
最近では、著作権の問題もあるので、版権を認めていないジャンルは衰退する経過も見られる。

関連項目[編集]

Bouncypotato.gif
この記事「プライバシー」は何故か「個人情報」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。